コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサーニャ Azaña y Díaz, Manuel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アサーニャ
Azaña y Díaz, Manuel

[生]1880.1.10. アルカラデエナレス
[没]1940.11.4. モントーバン
スペイン第2共和政下の政治家。パリで法律を学んだが当初は文筆活動に専念。 1930年革命委員会委員。 31年制憲議会の共和党議員。革命後臨時政府の陸相として軍の粛清にあたった。 31~33年首相となり,内政改革を実施。 36年人民戦線の勝利とともに同年5月大統領に就任したが,内乱勃発後の 39年,F.フランコら軍部による勝利が決定的になるとフランスに亡命,翌年同地で客死。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アサーニャ

スペインの政治家。自由主義左派の指導者で,第二共和制前半に首相となり,一時失脚したが,1936年人民戦線の勝利により首相,次いで共和国第2代大統領に就任した。スペイン内乱で敗れて辞任,フランスに亡命,客死。
→関連項目スペイン内乱

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アサーニャ【Manuel Azaña y Díaz】

1880‐1940
スペインの政治家,文学者。エスコリアールの修道院系学校で法律を学び,のちマドリード大学,パリ大学で研究。同時に自由主義の立場から著作活動に入り,1913年から〈アテネオ・デ・マドリード〉の書記長,議長を務める。政治的には改革党,次に共和主義行動派に属し,30年8月,反王制〈革命委員会〉に参加。31年,共和国の陸相,首相に就任し,共和国前半の自由主義改革を遂行した。34年,十月革命の際に逮捕。釈放後,左翼の統一を呼びかけ,36年2月,人民戦線の総選挙勝利により再び首相,大統領に就任。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアサーニャの言及

【スペイン】より

…つまり,18世紀以降の〈画一的なスペイン〉を排して,第二共和国は〈多様なスペイン〉を選択した。 新憲法制定後,初代大統領にアルカラ・サモラ,首相にはM.アサーニャが就任し,一般に〈ジャコバンの2年間(革新の2年間)〉(‐1933年11月)といわれる時代が始まった。アサーニャ内閣の基本政策は,第1に,大土地所有者ならびに教会,軍部の影響力の排除にあった。…

【フランコ】より

…25年スペイン領モロッコの反乱を鎮圧し少将に昇進。31年サラゴサ陸軍士官学校長の時の演説がM.アサーニャ陸相の反感を買った。34年10月アストゥリアス革命鎮圧の作戦を指揮。…

※「アサーニャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アサーニャの関連キーワード反ファシズム運動1月10日プリエトアサニャ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android