コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシャール アシャール Achard, Marcel

4件 の用語解説(アシャールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アシャール
アシャール
Achard, Marcel

[生]1899.7.5. リヨン
[没]1974.9.4. パリ
フランスの劇作家。さまざまな職業に従事したのち,1923年『ミサは唱えられた』 La Messe est dite,『わたしと遊んでくれませんか』 Voulez-vous jouer avec moi?の2作品でファルス作家としてデビュー,特に後者は大成功を収めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アシャール【Franz Karl Achard】

1753‐1821
ドイツ物理学者,化学者。テンサイ糖の工業的製法の開発者。ベルリンのフランス系の家の出。A.S.マルクグラーフに師事し,彼の死後ベルリン・アカデミー物理部門会長に就任。熱物理学,電気現象,応用化学等に関する多数の論文があるが,歴史的に重要なのは,マルクグラーフの先駆的研究をひきついで開発に成功した,テンサイの栽培および煮沸・圧縮・抽出・結晶化の工程からなる糖の工業的抽出法である。ウィルヘルム3世の援助を得て,ブレスラウ(現,ブロツワフ)近郊に工場を建設(1802稼働)。

アシャール【Marcel Achard】

1899‐1974
フランスの劇作家。リヨン市の近郊に生まれ,20歳のときパリに出て雑多な仕事をしながら念願の劇作にはげんだ。処女作は失敗したが,1923年に初演された《あたいと遊んでくれない》は大当りとなり,以後《お月さまのジャン》(1929),《海賊》(1938)などの秀作を次々に発表,パリ劇界の寵児となった。主人公に天成のお人好しや悪意に徹しようとして徹しきれない人物を選び,人間の本質的な善良さが実人生の汚れのなかに光をもたらすことを描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アシャール
あしゃーる
Marcel Achard
(1900―1974)

フランスの劇作家。リヨン郊外の町に生まれる。新聞記者などを経て、ジャック・コポーらと演劇革新の運動に参加、1923年初演の『あたいといっしょに遊ばない』でデビューした。以来作品の数は多く、第一次、第二次世界大戦間に演出家シャルル・デュランやルイ・ジューベと結んで、楽しくて、かならずしも浅くはないフレッシュブールバール劇の書き手として、劇壇に重きをなした。『マルボローは戦争に行く』『あなたは好きじゃない』『海賊』などがあるが、とくに『お月様のジャン』(1929初演)は大ヒットした。
 一見愚かにみえる善人と俗悪な社会との葛藤(かっとう)を通じて、純粋に生きることのむずかしさを描く筆致は、第二次大戦後もますます円熟味を増し、『じゃがいも』(1957)、『馬鹿(ばか)娘』(1960)でも健在ぶりを示し、1959年にはアカデミー会員に選ばれた。[渡辺 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アシャールの関連キーワードヘルツウェーバクントソルベー会議フェヒナーメーヤーレイリークーシュテンサイ糖ビート糖

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アシャールの関連情報