コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア債券基金 あじあさいけんききんAsian Bond Fund

知恵蔵の解説

アジア債券基金

アジア債券市場イニシアチブと並ぶアジア債券市場振興の取り組みで、EMEAP(東アジア・オセアニア中央銀行役員会議)の参加国が外貨準備の一部をプールし、ドル建てのアジアの国債あるいは政府機関発行債券に投資するファンド(基金)。2003年6月に発表され、当初のファンドの規模は10億米ドル。ついで、各国通貨建ての国債などを購入するABF2が04年12月にスタートしたが、その規模は20億米ドル。アジア諸国の外貨準備は既に全世界の外貨準備の過半を占めているが、多くが米国他の先進国の国債等に投資されており、その一部がアジアに還流することになる。

(絹川直良 国際通貨研究所経済調査部長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アジア債券基金
あじあさいけんききん
Asian Bond Fund

2003年に、東アジアとオセアニア11か国の中央銀行によって創設された、アジアの債券市場に投資するための基金。略称ABF。アジア通貨危機の教訓として、アジア各国は欧米金融市場からの短期ドル資金の借入れに依存しすぎたとの反省にたって、アジアの余剰資金をアジアで安定的に活用するための地域債券市場の育成をASEAN+3(ASEAN諸国に日本、中国、韓国を加えたもの)で推進している。その「アジア債券市場育成イニシアティブ」を需要面から支援する試みがアジア債券基金である。
 アジア各国の債券市場、さらには国境を越えた(クロスボーダー)の債券市場を育成するにあたって、大きな障害の一つに、アジアには有力な機関投資家等が育っていないという需要サイドの問題がある。そこで、東アジアとオセアニアの11か国の中央銀行役員会議(Executives' Meeting of East Asia Pacific Central Banks:EMEAP)において、2003年6月にABFが創設された。それは、EMEAPメンバーの中央銀行が、保有する外貨準備の一部を拠出し、日本、オーストラリア、ニュージーランドを除く8メンバー国のドル建てソブリン債(中央政府が発行または保証する債券)、準ソブリン債で運用するための基金であり、総額は10億ドル、運用受託者は香港(ホンコン)にある国際決済銀行の事務所とされた。
 これは、次につくられる基金と区別するためにABF1とよばれているが、これによって、それまで欧米の国債で運用されてきたアジアの外貨準備が、一部アジアで運用されるようになり、アジアの債券(公債)市場の発展に資することと、アジア各国の通貨当局の外貨準備運用の選択肢が広がるという意義があった。しかし、これはあくまでもドル建て債券での運用であり、アジアに現地通貨建ての債券市場を育成するという「アジア債券市場育成イニシアティブ」の究極の目標を満たすものとはいえない。
 このため、さらにABF2とよばれるファンドが、2004年に創設された。こちらは、投資対象がドル建てではなく、加盟国の現地通貨建てソブリン債、準ソブリン債とされ、なおかつ公的部門の資金を投資するだけではなく、民間投資家にも売り出されるという仕組みになっている。EMEAPは、汎アジア債券インデックス・ファンドに約10億ドル、ファンド・オブ・ファンドとよばれる親ファンドの下にある八つの各国ファンドに約10億ドルを投資しており、あらかじめ定めた市場の指標に沿って運用するパッシブ運用型債券投資信託として運用され、それは民間投資家にも開放されている。
 このABF1とABF2には、アジアの債券市場の育成にとって、二つの意義がある。一つは、対象とされている国債および政府系機関債の取引が活発化することにより、そこで形成される金利がベンチマーク(基準)として、社債市場の発展に寄与しうること。もう一つは、ABF2が民間投資家にも解放されたことにより、内外の民間資金の「呼び水効果」が期待できることである。[中條誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アジア債券基金の関連キーワードアジア債券市場イニシアチブ日本銀行

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android