コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジメドジョウ Niwaella delicata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジメドジョウ
Niwaella delicata

コイ目ドジョウ科。全長 10cmになる。体は細長く,側扁する。背鰭は体の後半部に位置する。眼下直立可能なとげがある。口唇は全体に肥厚し,吸盤状。口ひげは3対。体色は淡黄褐色で,体側に不規則に並ぶ雲状暗斑がある。日本特産種で,本州中部および近畿地方に分布し,水の澄んだ河川の礫底にすむ。食用となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アジメドジョウ【Niwaella delicata】

コイ目ドジョウ科の淡水魚属名Niwaella(ニワエラ)は本種の命名者丹羽弥(にわひさし)にちなんで属名の変更(最初の属名はCobitis)のおりにつけられた。種小名のdelicataは美味の意。 日本特産で中部山岳地帯の伊勢湾および日本海の両側に注ぐ川と鈴鹿山脈の東西両岸の川にのみ分布。川の上・中流域の石底にすむ。全長7~10cm,形態や斑紋は一見シマドジョウに似るが,シマドジョウよりも体が細長く,背びれと腹びれが体の後方に偏っていることなどで容易に区別される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アジメドジョウ
あじめどじょう / 味女鰌
delicate loach
[学]Niwaella delicata

硬骨魚綱コイ目ドジョウ科に属する淡水魚。中部日本の河川に分布し、上流部にのみすむ日本特産種。全長10センチメートルに達し、体は細長く、背びれと腹びれは体の後方に位置する。胸びれに骨質板がないことで他種と区別できる。口は吸盤状を呈する。付着藻類を好んで食べる。秋に伏流に潜入して越冬し、春先に産卵する。[澤田幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアジメドジョウの言及

【ドジョウ(鰌∥泥鰌)】より


[ドジョウ科]
 日本にはドジョウ科(Cobitididae)の魚は6属10種・亜種が分布する。これらは眼の下縁にとげをもつシマドジョウCobitisアジメドジョウNiwaellaアユモドキLeptobotiaともたないドジョウ属Misgurnus,フクドジョウ属Barbatulaおよびホトケドジョウ属Lefuaとに大別される。フクドジョウ属のフクドジョウB.toniは日本では北海道のみに産し,北海道の人々は単にドジョウといい,ふつうのドジョウをナイチドジョウ(内地鰌)と呼んで区別している。…

※「アジメドジョウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アジメドジョウの関連キーワードNiwaellaCobitisあじめコショウ丹羽 弥鈴鹿山脈伊勢湾丹羽弥種小名石底泥鰌

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android