コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスクレピオス Asklepios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスクレピオス
Asklepios

ギリシア神話の医術の神。アポロンとテッサリアの王フレギュアスの娘コロニスの間に生れた。コロニスはアポロンに愛され,妊娠していたにもかかわらず,イスキュスという人間の男と通じたため,怒ったアポロンは彼女を射殺した。しかしコロニスの遺体が火葬される直前に,彼はその胎内から赤子を取出し,ケンタウロスのケイロンにその養育を委託した。ケイロンから医術を教えられたアスクレピオスは死人まで生返らせてしまうほどの名医となったが,その結果死者の国の支配者ハデスの怒りを買い,ハデスの要求を受けたゼウスによって雷で焼殺された。だがそのあとで彼は復活させられてオリュンポスの神々の仲間入りを許され,医神として人々の尊崇を受け,エピダウロスにあった彼の神殿はギリシアにおける最も重要な聖地の一つとなった。アスクレピオスの持っていたへびの巻きついた杖は,のちに医学のシンボルになり,彼の娘ヒュギエイア Hygieiaは健康の守護神であったことから衛生学 hygieneの語源となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アスクレピオス

ギリシア神話の医神。アポロンとコロニスの子。エピダウロスに生まれる。多くの病人を治療したが,アルテミスの願いでヒッポリュトスを生き返らせたとき,怒ったゼウスの雷光に打たれて死んだ。
→関連項目エピダウロス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アスクレピオス【Asklēpios】

ギリシア神話の医神。アポロンとラピタイ族の王の娘コロニスKorōnis(カラスの意)の子。コロニスが妊娠中に不貞を働いてアポロンに殺されたあと,その胎内から取り出されて生をうけた彼は,ケンタウロス族の賢者ケイロンに医術を学んで名医となった。しかしその卓越した医術は,やがて死者を蘇生させる力さえもつまでに至ったので,彼は自然の理法が覆ることを恐れたゼウスの雷霆(らいてい)にうち殺され,へびつかい座の星になったという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アスクレピオス【Asklēpios】

ギリシャ神話の医術の神。アポロンの子。死人を甦よみがえらせたためゼウスに殺される。のち、へびつかい座にすえられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アスクレピオス
あすくれぴおす
Asklpios

ギリシア神話の英雄で医術の神。もっとも有名な出生譚(たん)では、アポロンとコロニスの子。アポロンはテッサリアの王プレギアスの娘コロニスを愛し、1子を身ごもらせた。しかし、コロニスがエラトスの子イスキスと通じたので、アポロンはコロニスを殺し、火葬の薪(たきぎ)の中から腹の子のアスクレピオスを救い出したとされる。別の伝承では、盗賊のプレギアスの娘コロニスが、アポロンに犯されて生んだ子とされる。アルゴス半島のエピダウロスに捨てられたその子は、牝山羊(めすやぎ)に乳をもらい、犬が番をしていたが、そのようすを見た動物たちの主人アレスタナスはその子を神の子と知り、あえて拾い上げなかった。1人で成長したアスクレピオスは、やがてエピダウロスにおいて神として崇拝された。彼は父神アポロンによって怪物ケンタウロス一族のケイロンに預けられ、医術と薬術を学び名医となった。さらに女神アテネからは死者を蘇生(そせい)させる力をもつメドゥサの血を得、多くの英雄を生き返らせたが、その能力を恐れたゼウスにより雷で殺された。のちにアエスクラピウスの名で祀(まつ)られたこの医神は、やがてへびつかい座の星に変身した。[小川正広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアスクレピオスの言及

【イムヘテプ】より

…医者であったともいわれる。死後も知者として名高く,後世半神として尊崇され,プトレマイオス王朝時代には医術の神とみなされ,ギリシアでは医神アスクレピオスと同一視されるに至った。【堀内 清治】。…

【カドゥケウス】より

…本来の形は先端から2本の小枝がのびて本体にからんでいる木の枝で,水脈を探すための占い棒に近い形であったらしいが,後に2匹の蛇が棒をはいあがる形となった。蛇は大地の力をあらわすものと考えられ,ギリシアの医神アスクレピオスは大地的治癒力を伝える蛇のからんだ杖を持っていた。最もよく知られているカドゥケウスは,ヘルメス神の持物で,ヘルメスはこの杖を印として冥界・地上界・天界の間を往復し,神々の相互の意思や,とくにゼウスの命令を伝える伝令の役割を果たした。…

【ローマ】より

…シビュラの予言書も同様に伝えられてずっと重視され続けた。そればかりか治癒神アスクレピオス,大地母神キュベレも東方から入り,公認の神となった。しかし密儀と乱脈を伴うディオニュソス(バッコス)礼拝は厳しく弾圧された。…

※「アスクレピオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アスクレピオスの関連キーワード福の神(アリストファネスの喜劇)アスクレピオスの聖地エピダウロスへびつかい座(蛇遣座)へびつかい(蛇遣)座ヒポクラテスの誓いエピダウロス遺跡ティベリーナ島アスクレピオンアリスティデスアスクレピアスギリシア神話カドゥケウスウィルビウスオグルニウスイムホテプチモテオスイムヘテプゴルゴンメドゥサマカオン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android