コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

へびつかい座 へびつかいざ Ophiuchus

2件 の用語解説(へびつかい座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

へびつかい座
へびつかいざ
Ophiuchus

蛇遣座。天の赤道上の星座で 8月の宵に南中する。概略位置は赤経 17時10分,赤緯-4°。α星(ラス・アルハゲ)は光度 2.08等,スペクトル型 A5の巨星。α,β,η,δ,κの 2等から 3等の星を結ぶと大きな五角形ができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

へびつかい座
へびつかいざ / 蛇遣座

夏の宵の南の中天に見える星座。明るい星が少なく、大きな将棋の駒(こま)のような形に並んだ星々をたどるのは、夜空の明るい都会地では少々めんどうかもしれない。全体としては、ここに巨大なヘビをつかんだ巨人の姿を想像するが、へびつかい座とへび座は別々の星座であり、しかも、へび座は西に頭部、東に尾部が分かれているという珍しいつくりになっている。これは、かつては一体とみられていた星座を、プトレマイオスがそれぞれ独立させたことによるものである。へびつかい座の巨人はギリシアの神話の医術の神アスクレピオスの姿で、彼のもつヘビは医術と健康のシンボルとされている。星座の中に多くの球状星団を含んでいるが、小望遠鏡で見やすいものにM10、M12、M14などがある。[藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へびつかい座の関連キーワード天の赤道一角獣座海豚座艫座蛇座蛇遣い座鷲座いっかくじゅう座(一角獣座)へびつかい座(蛇遣座)や座(矢座)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

へびつかい座の関連情報