コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスプディン

2件 の用語解説(アスプディンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アスプディン

英国の発明家。煉瓦職人をしながらセメントの研究を行い,1824年粘土と石灰石を混合して焼成する方法を開発,特許を得た。これにより造られる人造石がポートランド島産の石材と似ていたので〈ポルトランドセメント〉の商品名が付されたといわれる。
→関連項目セメント

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アスプディン
あすぷでぃん
Joseph Aspdin
(1779―1855)

イギリスにおけるセメント工業の祖。リーズに生まれ、れんが積み職人となる。1810年、イギリス人パーカーJames Parkerのいわゆるローマンセメントの特許(1796)が切れたので、セメントの製造を始め、1824年10月21日に「人造石製造法の改良」という特許を得た。その製法は、石灰石を焼いて生石灰(せいせっかい)とし、これをふかして極微細末のふかし石灰に変え、それに粘土を混ぜてクリンカーに再焼成する二重焼成法であった。その製品が、イギリスで建築材に愛用されているポルトランド島産の石灰石に色が似ているので、ポルトランドセメントと命名したとされる。このことからポルトランドセメントの発明者とされるが、人工セメントの発明には多くの先駆者がいることを忘れてはならない。
 ウェークフィールドに工場を建て、1828年以来その製品がテムズ河底トンネルに使用されてから有名となった。その製法を厳秘に付し、特許期限が切れても製造を独占していたが、その製法を改良したのは息子のウィリアムWilliam Aspdin(1816―1864)である。父の最初の特許では原料の配合が経験的で、約1100~1300℃で焼成したがやがて1400~1500℃で焼結するようになり、1851年のロンドン万国博覧会でその強度が優れていることがわかり、さらに多くのセメント工場の設立を促した。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アスプディンの関連キーワードセメント質ベッセマー然しながらセメンセメン円セメント瓦セメントモルタルセメントペースト基盤セメントセメント石

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone