コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アズマギク

百科事典マイペディアの解説

アズマギク

キク科の多年草中部地方以北の本州のかわいた草原にはえる。茎は高さ10〜37cm,密に毛がある。ロゼット葉はさじ形で幅1〜2cm。茎葉はやや小型で幅が狭い。頭花は径約3cm,淡紫色の舌状花と黄色の筒状花からなり,5〜6月に茎頂に単生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アズマギク【Erigeron thunbergii A.Gray】

中部地方以北の本州の乾燥した草原に生えるキク科の多年草。和名は西日本では見られなくて関東に多いキクという意味である。茎は直立し,高さ10~40cm。根生葉はへら状倒披針形で,幅1~2cm,やや束生する。同形でやや小さい葉が2~3枚茎に互生する。茎,葉ともに密に毛が生えている。4~6月,淡紫色の舌状花と黄色の筒状花からなる頭花を茎の頂に1個つける。頭花は直径3~3.5cmで,美しい。冠毛は赤みを帯びた褐色で,長さ約5mmである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アズマギク
あずまぎく / 東菊
[学]Erigeron thunbergii A. Gray

キク科の多年草。茎は直立し、高さ10~40センチメートル。根出葉はへら状倒披針(とうひしん)形で幅1~2センチメートル。やや束生する。同形で根出葉よりは小さめの葉が2~3個、茎に互生する。4~6月、淡紫色の舌状花と黄色の筒状花からなる頭花が茎の頂に単生する。開花直径は3~3.5センチメートルで、美しい。中部地方以北の本州の乾燥した草原に生える。西日本ではみられないが、関東に多いキクという意味で和名がつけられた。なお、一般にアズマギクとよんでいるのはミヤコワスレのことで、ここでいうアズマギクとは関係がない。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアズマギクの言及

【ミヤマヨメナ】より

…瘦果(そうか)は倒卵状長楕円形で,長さ3~4mm,すこし扁平で無毛,冠毛を欠く。ミヤマヨメナのうち,濃紫色,濃紅色,紺色,桃色,白色など色あざやかな美しい大輪の花をつける株をミヤコワスレといい,アズマギク,ノシュンギクなどの別名もある。これらは古くからの園芸品で観賞用として花壇に植えられ,切花にされている。…

※「アズマギク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アズマギクの関連情報