コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダナ アダナAdana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アダナ
Adana

トルコ南部,キリキア平原の奥部に位置する都市。同名県の県都。国内第4位の大都市。前 1400年にはアタニヤと呼ばれたヒッタイト植民都市であったが,トロス山脈を越えてシリア平原にいたる道 (キリキアの門) にあったので,前 335~334年にはアレクサンドロス大王に征服され,7世紀末にはアッバース朝アラブの支配下に入り,1378年にラマザントルクメンの建国までしばしば支配者を変え,1608年にオスマン帝国に組込まれた。アダナの繁栄は背後に多くの肥沃な谷を控え,さらにアナトリアアラブとの通商路の橋頭堡を占めていたことによる。トルコ綿工業の中心地で,織物,セメント農業機械,食物油を産する。イスタンブールバグダード間の鉄道に沿い,地中海港湾都市メルシンが近い。人口 91万 6150 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アダナ(Adana)

トルコ南部の工業都市。トロス山脈の南、セイハン川ジェイハン川がつくる三角州に広がるチュクルオバ平原に位置する。周辺は肥沃な農業地帯であり、同国最大の綿の産地として知られる。古代ローマ時代、ポンペイウスにより建設され、その後衰退。8世紀にアッバース朝のハールーン=アッラシードにより再興した。16世紀初めよりオスマン帝国領。2世紀建造の石造橋や、16世紀初めに建造されたウルモスクがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アダナ

トルコ南部,セイハン県の主都。綿花貿易の中心地で,周囲の平原は穀物,綿花,タバコを産する。紡績,タバコ,石鹸,オリーブ油などの工場がある。紀元前リュディア王国時代から知られ,ローマ植民市でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アダナ【Adana】

トルコ南部,地中海に注ぐセイハン河口から約50kmの左岸にある都市。同名県の県都。人口104万7000(トルコ第4位,1994)。古くリュディア時代からアナトリアとメソポタミア地方を結ぶ交通の要衝として栄え,市内には史跡が多い。7世紀以降,ビザンティン帝国,アラブ系・トルコ系諸王朝の係争の地となり,12~13世紀にはアルメニア人の国家もつくられた。セイハン川のデルタを形成するアダナ平野は灌漑地化が進み(約10万ha),トルコで最も重要な農業地帯。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アダナ
あだな
Adana

トルコの小アジア半島南東部にある都市。アダナ県の県都。セイハン川、ジェイハン川のつくった肥沃(ひよく)な三角州、チュクルオバ平原に位置する。人口113万0710(2000)で、トルコ第五の都市である。トルコ最大のワタの産地であるチュクルオバ平原を控え、ワタのほか小麦、柑橘(かんきつ)類、野菜、果実などを集散する。付近のセイハン・ダムからの電力の供給を受け、綿紡織、綿実油、オリーブ油、セメントなどの工業も発達する。鉄道、道路交通の要衝で、空港もあり、イラクのバグダード、キプロスのニコシアへの国際航空便も発着する。古代にはローマ軍の基地が置かれ、その後衰退したが、782年にはアッバース朝のハールーン・アッラシードによって復興した。1515年にオスマン・トルコ領となった。市内には2世紀につくられた石造橋などの遺跡がある。東75キロメートルに、アレクサンドロス大王がペルシアのダリウス3世を破ったイッソスの戦いの跡がある。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アダナの関連情報