コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダムズ=ストークス症候群 アダムズストークスしょうこうぐん Adams‐Stokes’s syndrome

1件 の用語解説(アダムズ=ストークス症候群の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アダムズストークスしょうこうぐん【アダムズ=ストークス症候群 Adams‐Stokes’s syndrome】

1761年G.モルガーニによって記載され,19世紀に入ってアダムズR.Adams(1827),ストークスW.Stokes(1846)らによって報告されて,広く認められるようになった症候群。元来は,完全房室ブロックなど心ブロック(心臓の刺激伝導系における伝導障害)のある患者で,突然,心停止による脳循環不全が起こり,意識消失や全身痙攣(けいれん)が起こる病態をさしたが,現在では,心ブロック以外の不整脈や著しい血圧低下による一過性脳循環不全をも含めて総称している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アダムズ=ストークス症候群の関連キーワード指図証券サンスクリット語支払人ブルガーニン記載フガシティギルガイサクサム天然骸炭モルガン種 (Morgan)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone