コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッシュ アッシュ Asch, Sholem

6件 の用語解説(アッシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッシュ
アッシュ
Asch, Sholem

[生]1880.11.1. クトノ
[没]1957.7.10. ロンドン
ポーランド生れのイディシュ語作家。 1909年に渡米,以後主としてアメリカで文筆活動を行なった。 20年帰化。ロマンチック理想主義的である反面,現実主義的な作風で,いきいきとした人物描写に特徴をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アッシュ
アッシュ
Ashe, Arthur Robert

[生]1943.7.10. バージニアリッチモンド
[没]1993.2.6. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国テニス選手。7歳から近所の公園でテニスを始める。ウォルター・ジョンソンの指導を受け,カリフォルニア大学ロサンゼルス校にテニス奨学生として入学。 1968年全米オープンテニス選手権大会で優勝し,黒人男子選手として初めて世界四大大会のシングルスを制した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アッシュ(ash)

ヨーロッパ北・中部や中央アジアに産するセイヨウトネリコのこと。材は硬く、弾力性に富み、家具・スキー板や野球のバットなどに使用。→とねりこ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アッシュ

イディッシュ(イディッシュ語)の小説家,劇作家。ポーランド生れ。1914年米国へ移住。ヘブライ語ドイツ語でも執筆。戯曲《復讐(ふくしゅう)の神》(1907年),英訳された主な作品に3部作《三都市》(1933年)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

アッシュ【ash】

欧州・北米産のトネリコ。材はかたく、弾力に富み、家具・バット・スキーなどに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アッシュ
あっしゅ
Sholam Asch
(1880―1957)

イディッシュ(近代ユダヤ語)の劇作家、小説家。ポーランドで生まれたが、のちアメリカへ移住した。作品の多くはユダヤ人の歴史を扱ったものと、東欧ユダヤ人の生活を描いたもので、初期の戯曲『復讐(ふくしゅう)の神』(1907)、後期の長編小説『ナザレ人(びと)』(1939)などはいずれも宗教的色彩が強く、邦訳によって日本でもよく知られている。[徳永康元]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アッシュの関連キーワードバージニアウエストバージニアバージニア・エスバージニア・エス・デュオ・メンソールバージニア・エス・ノアール・メンソールバージニア・エス・ライト・メンソールバージニア・エス・ロゼ・メンソールバージニア・エス・ワン・メンソールバージニア・スリムバージニアン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アッシュの関連情報