コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッパー・カナダ Upper Canada

翻訳|Upper Canada

世界大百科事典 第2版の解説

アッパー・カナダ【Upper Canada】

カナダ,オンタリオ州の旧名。セント・ローレンス川の上流に当たるのでこの名が付された。アメリカ独立革命の勃発により,一部の王党派は北上してイギリス領であるノバ・スコシア,ケベックの両植民地に逃げた。ケベック植民地へ入植した人びとは五大湖周辺に居住したが,荘園主や教会の影響濃厚な政治・経済形態を忌避し,1791年,〈憲法条例〉の制定により,ケベックはアッパーおよびロワー・カナダ植民地に二分され,アッパー・カナダではイギリス式の代議制,土地制度が導入された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアッパー・カナダの言及

【オンタリオ[州]】より

…これを一変させたのは,アメリカ独立革命による王党派(ローヤリスト)の到来であった。約5000人の〈アメリカ人〉が五大湖へ向かって北上し,現在のトロント近辺に定住して,ここに1791年アッパー・カナダ植民地が誕生した。フランス系住民の多いロワー・カナダと異なり,ここでは政治・経済制度にイギリスのそれが取り入れられた。…

【カナダ】より

…それもフランス人が定住していた地域へイギリス人が赴いたのであるから,軋轢は当然である。91年,ケベックは二分されて,ケベック法を遵守するロワー・カナダと,イギリス式の政治・経済制度を採るアッパー・カナダの二つの植民地が成立した。カナダにとって宿命的な問題,フランス系とイギリス系の対立抗争はここに決定的となった。…

※「アッパー・カナダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アッパー・カナダの関連キーワードマクドナルド(John Alexander MacDonald)マッケンジー(William Lyon Mackenzie)ナイアガラアッパーカナダビレッジナイアガラオンザレイクマイクル クレイグポートコルボーンアッパー・カナダ連合カナダ植民地ロワー・カナダローアーカナダアッパーカナダボールドウィンキングストンマッケンジーマクドナルドダラム報告ケベック州フレーザーライアソン

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android