コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケベック法 ケベックほう Québec Act

4件 の用語解説(ケベック法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケベック法
ケベックほう
Québec Act

1774年6月 22日イギリス議会で成立したカナダ統治の法。カナダのケベック地方の行政をケベック植民地総督と植民地議会にゆだね,フランス民法典ローマカトリック信教を維持することを承認。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ケベック法【ケベックほう】

1774年英国がフレンチ・インディアン戦争で獲得したオハイオ川以北の旧フランス領をケベック植民地に編入,フランス人の伝統・慣習を尊重した施政を行うことを決めた英国議会法。
→関連項目カナダケベック[州]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ケベックほう【ケベック法 Quebec Act】

1774年,イギリス議会が制定したカナダのケベック地方の統治に関する法律。63年のパリ平和条約により,フランスからカナダとミシシッピ川以東の領土を譲渡されたイギリス政府は,北アメリカ統一支配計画作成になやんでいたが,やっと74年6月22日に成立したこの法律によって,フランス人住民の多いケベック地方にフランス民法とカトリック信教を認め,オハイオ川以北の土地をすべてケベック州に編入し,勅任総督と州議会に統治をゆだねた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケベック法
けべっくほう
Qubec Act

ケベック条例とも訳される。1774年、イギリス議会が10年前に新しく植民地としたケベック統治のために制定した法律。ケベック植民地の境界を著しく拡大し、イギリス刑法、フランス民法の施行を決め、カトリック教徒が官職につくことを認め、カトリック聖職者の特権や荘園(しょうえん)制を温存した。議会制についてはなにも触れていない。ケベック法による統治は、のちにアメリカ合衆国を形成することになった南のイギリス植民地におけるそれとあまりに違っていたために、南の植民地人の憤激を買い、翌年の独立戦争勃発(ぼっぱつ)の一因となった。ケベック植民地も独立への戦いに参加することを求められたが、ケベックのフランス系カナダ人は、ケベック法による温情主義的統治を好んで、独立革命に参加しなかった。[大原祐子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のケベック法の言及

【カナダ】より


[イギリス領時代]
 イギリス領ケベック植民地に当時住んでいたフランス系の人は6万5000人といわれる。彼らをごく少数のイギリス役人,軍人で統治するに当たり,イギリスは74年ケベック法を制定してフランス民法,フランス語の使用,カトリックの信仰を認めると布告した。隣接するプロテスタントの13植民地(のちのアメリカ合衆国)にとっては脅威であり,ケベックの境界が拡大されたことと相まって,13植民地は革命への胎動を激化させた。…

【カールトン】より

…1766年ケベック副総督,68年総督に任じられ,78年まで就任。彼の任期中の1774年に制定された〈ケベック法〉に盛られたフランス系カナダ人への温情主義は,彼の影響によるところが大きかった。一度退任した彼は,82年に北アメリカ大陸におけるイギリス軍総司令官に任じられ,ついで86年,ドーチェスター男爵として再びケベック総督に返り咲いた。…

【ケベック[州]】より

…しかし,フレンチ・インディアン戦争で1763年に勝利を得たイギリスは,ニューオーリンズに至る広大な版図と約6万5000人のフランス系住民を支配下に収めた。イギリスはケベック法(1774)を制定して,フランス民法,フランス語,カトリック教の維持を認めたが,アメリカ独立革命の結果ケベック植民地の西方に王党派(ローヤリスト)が到来し,彼らはケベック法による封建的統治を嫌い,1791年同植民地は東西に分割され,東のフランス系住民の多い地域はロワー・カナダ植民地となった。ロワー・カナダは農業を主要産業とし,聖職者の影響力が強かったが,19世紀も半ば近くなると,政治の民主化を求める運動が生じた。…

※「ケベック法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケベック法の関連キーワード印紙税法インド統治法ダラム報告イギリス巻イギリスの名車Miniバースデーの日納豆の日虹の郷糖蜜税法イギリス議会イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone