コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アテナゴラス アテナゴラス Athenagoras

3件 の用語解説(アテナゴラスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アテナゴラス
アテナゴラス
Athenagoras

2世紀後半のアテネの哲学者で,のちキリスト教に回心して護教家となる。ローマ皇帝マルクス・アウレリウスとその子コモドスにあてた護教論『キリスト者のための弁護』 Presbeia peri Christianōn (177頃) において,神の三位一体説を基礎づけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アテナゴラス【Athēnagoras】

2世紀のキリスト教弁証家。生没年不詳。〈アテナイのキリスト教哲学者〉と呼ばれた。177年ころ皇帝マルクス・アウレリウスとその子コンモドゥスにあてた《キリスト者のための使節》は,当時キリスト教に向けられた無神論,人肉を食べること,近親相姦といった中傷に反駁するものである。教義を弁論した《死者の復活について》は真作かどうか疑われている。三位一体の教義を哲学的に論証した最初の護教家として知られる。【森安 達也

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アテナゴラス
あてなごらす
Athenagoras
(?―190ころ)

初代キリスト教会の護教家で、「アテネのキリスト教哲学者」と称された。生涯については不詳である。タティアノスに比してはるかに古典ギリシアに親近性を有し、また、洗練された用語、文体においてユスティノスをしのぐ。神の唯一性、その存在と場、ロゴス=キリストの神性などの問題に関して哲学的反省を加え、三位(さんみ)一体論の教義形成の先駆者となった。著作に、皇帝マルクス・アウレリウスとその子コンモドゥスにあてた『キリスト者のための嘆願』Presbeia peri tn christiann、および『死者の復活について』Peri anastases necrnが残されている。[谷隆一郎]
『J. Quasten Patrology (1966, Spectrum, Utrecht, Antwerp) ▽B. Altaner Patrologie (1978, Herder, Freiburg, Basel, Wien)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アテナゴラスの関連キーワード吉利支丹物語護教論ソゾメノスキリスト教会耶蘇ラクタンティウスキリスト教徒中東とキリスト教堅田喜惣治コスマス・インディコプレウステス

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone