コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アテナゴラス アテナゴラスAthenagoras

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アテナゴラス
Athenagoras

2世紀後半のアテネの哲学者で,のちキリスト教に回心して護教家となる。ローマ皇帝マルクス・アウレリウスとその子コモドスにあてた護教論『キリスト者のための弁護』 Presbeia peri Christianōn (177頃) において,神の三位一体説を基礎づけた。一神論の合理的証明が初めて彼に見出され,プラトン哲学の影響が著しい。残存している著書に『死者の復活について』 De resurrectione mortuorumがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アテナゴラス【Athēnagoras】

2世紀のキリスト教弁証家。生没年不詳。〈アテナイのキリスト教哲学者〉と呼ばれた。177年ころ皇帝マルクス・アウレリウスとその子コンモドゥスにあてた《キリスト者のための使節》は,当時キリスト教に向けられた無神論,人肉を食べること,近親相姦といった中傷に反駁するものである。教義を弁論した《死者の復活について》は真作かどうか疑われている。三位一体の教義を哲学的に論証した最初の護教家として知られる。【森安 達也

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アテナゴラス
あてなごらす
Athenagoras
(?―190ころ)

初代キリスト教会の護教家で、「アテネのキリスト教哲学者」と称された。生涯については不詳である。タティアノスに比してはるかに古典ギリシアに親近性を有し、また、洗練された用語、文体においてユスティノスをしのぐ。神の唯一性、その存在と場、ロゴス=キリストの神性などの問題に関して哲学的反省を加え、三位(さんみ)一体論の教義形成の先駆者となった。著作に、皇帝マルクス・アウレリウスとその子コンモドゥスにあてた『キリスト者のための嘆願』Presbeia peri tn christiann、および『死者の復活について』Peri anastases necrnが残されている。[谷隆一郎]
『J. Quasten Patrology (1966, Spectrum, Utrecht, Antwerp) ▽B. Altaner Patrologie (1978, Herder, Freiburg, Basel, Wien)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone