アデノシン5′-三リン酸(読み)アデノシンサンリンサン

化学辞典 第2版の解説

アデノシン5′-三リン酸
アデノシンサンリンサン
adenosine 5′-triphosphate

adenosine 5′-(tetrahydrogen triphosphate).C10H16N5O13P3(507.20).略号ATP.生体中のエネルギー代謝リン酸代謝にもっとも重要なヌクレオチド.アルコール発酵や解糖系の酸化過程で生成するリン酸エステルとADPからつくられるほか,ミトコンドリアでの酸化的リン酸化光合成における光リン酸化によりつくられる.ほ乳類の骨格筋に約0.3~0.4 g/100 g 含まれ,アデノシンのリン酸化により合成される.分解点143~145 ℃.-26.7°(水).λmax 259 nm(ε 15.4×103,pH 7.0).1% 水溶液の pH は約2.0で,0 ℃ では数時間安定である.ATP分子は2個の高エネルギー結合(二リン酸結合)を含むので,ADP(pH 7で約33.5 kJ mol-1 のエネルギーを放出)やAMPへの加水分解により放出されるエネルギーは,生体の力学的(筋肉の運動,生物発光など),および代謝(核酸,そのほかの生体物質の合成や分解反応,および輸送)のエネルギーに用いられる.また,ATPはそのリン酸をほかの物質に転移させてその物質を活性化する.[CAS 56-65-5]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報