アトレウス(英語表記)Atreus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトレウス
Atreus

ギリシア神話の英雄。ペロプスヒッポダメイアの子。兄弟のテュエステスミケーネの王位を争い,テュエステスと密通した妻アエロペの裏切りにもかかわらず,相手の奸計の裏をかいて王位を手中にすると,復讐のためテュエステスをだまして食事に招き,その息子たちの肉を食わせた。テュエステスは復讐のため神託の教えに従い,娘のペロピアと交わってアイギストスを生ませたが,ペロピアはアトレウスの妻となったので,アイギストスはアトレウスの子として育てられ,成長するとアトレウスからテュエステスの殺害を命じられた。しかしアイギストスは,結局実父がだれであるかを知り,反対にアトレウスを殺した。アガメムノンメネラオスは,アトレウスとアエロペの子であるとも,あるいはアトレウスの息子プレイステネスの子であったが,プレイステネスが若死にしたため祖父の子として育てられたともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アトレウス

ギリシア伝説の登場人物。タンタロスの孫,ペロプスの子。弟テュエステスとミュケナイ王位をめぐって黄金の羊を争い,妻アエロペと情を通じて羊を盗み取った弟をゼウスの助力で追放する。のち弟の子ども3人を殺害し,宴会を開いてその肉をテュエステスに食べさせた。その光景に驚いて太陽は東へ沈んだという。アトレウスの子孫(アトレイダイ)にはアガメムノンメネラオスらがおり,肉親間での謀殺,姦通といった陰惨な運命が続いて,アイスキュロス〈オレステイア三部作〉ほか,多くの作品に主題を提供している。
→関連項目ミュケナイ文明

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アトレウス【Atreus】

ギリシャ神話のタンタロスの孫。ペロプスの子で、アガメムノンとメネラオスの父。ミュケナイ王。妻と通じた兄弟テュエステスを宴に招きその子供たちを殺して食卓に供した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アトレウス
あとれうす
Atreus

ギリシア神話の英雄。ペロプスとヒッポダメイアの子。兄弟ティエステスとの醜い争いは、エテオクレスとポリネイケスの話などと同様、ギリシア神話における兄弟争いの典型をなしている。
 兄弟は、異母弟クリシポスを殺したのちミケナイ(ミケーネ)のステネロスのもとに逃げた。アンフィトリオンを追放していたステネロスは、ミケナイを2人にゆだねたが、やがてその子エウリステウスも後継ぎを残さずに死んだため、王座をめぐる2人の卑劣な争いが始まった。まずティエステスは、アトレウスの妻アエロペと情を通じて、兄弟の所有していた金毛の仔(こ)羊を盗み出し、王権は金の羊毛をもつ者がとるべしと提案してアトレウスの合意を得た。しかし、ティエステスが王になると、ゼウスはアトレウスのもとにヘルメスを送り、太陽が逆から昇ればアトレウスが王になるとの約束を兄弟に結ばせた。すると太陽は西から昇って東に沈み、約束どおりアトレウスが王となった。おごり高ぶったアトレウスは、ティエステスの子供たちを殺害してティエステスの食膳(しょくぜん)に供したのち、彼を追放した。父親を知らずにアトレウスの館(やかた)で成人したティエステスの息子アイギストスは、アトレウスからティエステスを殺すよう命じられたとき、本当の父親がだれであるかを知って逆にアトレウスを討ち、父にミケナイの王位を与えた。なおアトレウスとアエロペの間には、トロヤ戦争で有名なアガメムノンとメネラオスが生まれている。[小川正広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアトレウスの言及

【アトレウス家伝説】より

…アトレウスAtreus一族はギリシア神話で,タンタロスを始祖としミュケナイに依拠して勢力を扶植した有力な家系であるが,肉親間での謀殺,姦通といったむざんな犯罪が繰り返し演じられる運命を担わされた。この一族を見舞ったできごとは,古代において多くの作家に取り上げられた結果,伝説の細部については多くの異説が見られる。…

※「アトレウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android