コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナバチ

2件 の用語解説(アナバチの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アナバチ

膜翅(まくし)目アナバチ科の一群の総称。土中に穴を掘り,主としてキリギリス科の昆虫を狩るカリウドバチであるが,なかにはゴキブリを捕らえるものや,枯れた草木の茎を利用して営巣する種類もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アナバチ
あなばち / 穴蜂
digget-wasps

昆虫綱膜翅(まくし)目アナバチ科の総称、およびこの科の1亜科、あるいは1族の名称。アナバチ科Sphecidaeはすべて有翅で、腹部は有柄、腹部末端は縦に裂けず、産卵管は末端から出る。前胸背板は側部が肩板まで届かない。体毛は比較的少なく分岐しないなどが特徴。世界のアナバチ科は11亜科226属に分類され、約8000種が記載されているが、このうち日本には7亜科38属の約280種が分布している。アナバチ科はジガバチ科と別称されることもあり、分類学上は細腰(さいよう)亜目に属し、大小さまざまな種類を含む有剣類の狩りバチである。この科のハチは自ら営巣して幼虫室をつくり、幼虫の食料を用意するものと、他のものの巣に寄生するものとがある。獲物は各種の昆虫やクモ類で、その生活習性はきわめて変化に富む。セナガアナバチ類はゴキブリを、ジガバチ類はガやチョウの幼虫を、コシボソアナバチ類はアリマキやヨコバイを、ツチスガリ類はコハナバチやハムシやゾウムシを、ジガバチモドキやピソンバチやキゴシジガバチ類はクモ類を獲物としている。
 アナバチ族Spheciniのハチは大形種で、日本にはSphexIsodontiaPrionyxの3属を含む9種類が分布している。キンモウアナバチSphex flammitrichusとクロアナバチS. argentatus fumosusは本州以南の各地の盛夏に出現するが、キンモウアナバチは本州中部以北には産しない。河原や海浜など砂地に穿孔(せんこう)営巣し、クサキリやツユムシやクダマキモドキなど直翅目の若虫(わかむし)や成虫を狩って幼虫の食料とする。コクロアナバチIsodontia nigellaとアルマンアナバチI. harmandiは枯れ木の虫孔や竹筒を利用して営巣し、枯れ草やコケなどで巣房の仕切りとする。幼虫の食料にはササキリやウマオイなどを狩る。コクロアナバチは6月ごろから各地にみられるが、アルマンアナバチは7月ごろから山地に出現する。[須田博久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アナバチの関連情報