アナーバー(英語表記)Ann Arbor

翻訳|Ann Arbor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカ合衆国,ミシガン州南東部の都市。ヒューロン川の河畔にあり,デトロイト西方約 60kmに位置する。市の歴史は 1824年に始った。 37年のミシガン大学 (1817創立,デトロイトから移転) の開校により,大学町として発展をとげた。国内でも重要な医療センターの一つであり,5月の音楽祭,秋のフットボールなど,大学関係の行事は市民にとっても興味が深い。大学と関連して,航空宇宙工学,原子力,化学など各企業の研究施設も集積している。ベアリングスプリング,写真機部品,梱包機,計器類,自動車計器など多様な工業発達人口 11万3934(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

米国ミシガン州南東部の都市。デトロイトの西約55キロメートル、ヒューロン川沿いに位置する。ミシガン大学が所在する文教都市として知られ、自動車、化学、製薬関連の政府・企業の研究所がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アメリカ合衆国ミシガン州南東部にある大学町。人口10万9000(1994)。市名は1820年代における最初の移住者の妻の名に由来するといわれる。デトロイトの西約58kmにあり,1837年,ミシガン大学が当市に移転して以来,大学を中心として成長してきた。同大学の図書館,博物館,美術館,植物園,劇場などは一般に公開されているが,10万人以上を収容するフットボール・スタジアムが有名である。【岡田 泰男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカ合衆国、ミシガン州南東部、ヒューロン川に臨む都市。人口11万4024(2000)。豊かな農業地帯の交易中心地であるとともに、機械、医療・実験器具、コンピュータなどが製造される。また、政府、企業の研究所や大学が多く集まり、研究、教育の中核都市としても知られる。ミシガン大学がその中心で、工学、薬学、音楽に優れ、国内有数の図書館を有する。付近には湖が多く、行楽地としてにぎわう。[作野和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android