コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アノア アノア anoa

4件 の用語解説(アノアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アノア(anoa)

ウシ科の哺乳類スラウェシ島の森林にだけ生息する小形の水牛で、角は短くまっすぐ後方に伸びる。国際保護動物。山水牛。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アノア【anoa】

アジアスイギュウの祖先に近い小型で原始的な偶蹄目ウシ科の哺乳類(イラスト)。セレベス島の低い山地の森林にすむ。肩高1m,体長1.7m,体重300kg前後,角は小さく長さ39cm以下,先端までほとんど曲がらず左右の角の基部が接するため前から見てV字状,上あごの臼歯(きゆうし)は内側に柱状突起を欠き単純。成獣は全身がほぼ裸出し,雄は黒く雌は褐色,耳介の内面は白く,目の前,下あご,首,ひづめの上に多くは白斑がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アノア【anoa】

ウシ類の一種。体長1.6メートル、肩高1メートルほど。角はまっすぐで短い。ジャコウに似た体臭をもつ。少数がスラウェシ島の森林地帯に分布。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アノア
あのあ
anoa
[学]Anoa depressicornis

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。インドネシアのスラウェシ島の森林に分布する。野生のウシの仲間ではもっとも小形で、頭胴長1.6~1.7メートル、肩高1メートル、尾長25~30センチメートル。雌雄ともに角(つの)があり、その長さは30センチメートルほどでまっすぐ後方に伸びている。体色は暗黒色で、毛は少なく、とくに老獣では体がほとんど裸出する。小形の動物にしては性質がかなり荒く、頭を下げて突進する。普通一つがいで、下草の豊富な森林で生活し、水辺や木の陰を好み、湿地の草、木の葉などを好んで食べる。日中は休息し、おもに朝と夕方に行動する。妊娠期間は276~315日で1産1子。幼獣には黄褐色の羊毛状の毛が密生している。日本では、千葉県の行川(なめがわ)アイランド(1964年開園、2001年閉園)で繁殖に成功した例がある。2003年(平成15)現在の記録では、横浜市立金沢動物園に雄1頭、雌2頭の飼育例がある。[中川志郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アノアの関連キーワード野牛アジア水牛インド水牛原始的呉牛水牛中興の祖スイギュウ乳アフリカスイギュウスイギュウ(水牛)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アノアの関連情報