コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカ横断政策 アフリカおうだんせいさくCape Verde-to-Somaliland Project

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフリカ横断政策
アフリカおうだんせいさく
Cape Verde-to-Somaliland Project

アフリカ大陸の西端カーボベルデから東端に近いジブチまで鉄道を敷設しようとした,フランス帝国主義の政策。イギリス帝国のアフリカ縦断政策と対立する政策で,縦断政策とは必然的に衝突する宿命をもっていた。 1898年に起ったファショダ事件がその衝突であった。チャド湖から紅海を目指して東進していたフランス軍と,カイロからナイル川流域を支配下においていたイギリス軍が,今日のスーダン共和国中部のコドク (旧ファショダ) で対峙した。事件は戦火を交えるにいたらず外交的に解決,フランスはアフリカ横断政策を断念した。ダカールからマリ共和国のクリコロにいたる鉄道と,ジブチからアジスアベバにいたる東西両端の鉄道の完成は,ファショダ事件以後であるが,フランスのこの政策の名残りである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アフリカ横断政策の関連キーワード3C政策

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android