コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフロ・アジア語族 アフロアジアごぞく

百科事典マイペディアの解説

アフロ・アジア語族【アフロアジアごぞく】

ハム・セム語族

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフロ・アジア語族
あふろあじあごぞく

アメリカの言語学者グリーンバーグJ. H. Greenbergの提唱した名称。セム語派(アラビア語、ヘブライ語、アラム語、アムハラ語、ティグリニャ語、ティグレ語、グラゲ語など)、エジプト語派(死語。コプト語など)、ベルベル語派(タマジグト語、リフ語、カビール語、トゥアレグ語など)、クシ語派(ベジャ語、シダモ語、アファール語、ガラ語、ソマリ語、レンディーレ語、イラク語など)の従来セム・ハム語族とよばれてきたものに、ブラック・アフリカ最大の言語の一つであるハウサ語、およびその周辺の諸言語(これらをまとめてチャド語派とよぶ)を付け加えたもの。ただし、これらの系統論的研究には、いまなお種々の問題点が残されている。[湯川恭敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアフロ・アジア語族の言及

【アフリカ】より

…グリーンバーグは,大量の資料と新しい言語学の知識を使い分けて,過去のマインホフやウェスターマンなどの分類研究の再検討を行い,アフリカ諸語分類表をつくりあげることによって,決定的なものではないとしても,一つの大きな目安を立てることに成功した。 グリーンバーグによれば,アフリカ大陸内には次の四つの語族,ニジェール・コルドファン語族Niger‐Kordofanian,ナイル・サハラ語族Nilo‐Saharan,アフロ・アジア語族Afro‐Asiatic,コイサン語族Khoisanが認められるという。
[ニジェール・コルドファン語族]
 アフリカ大陸内のみに見いだされる語族で,サハラ以南のほとんどの地域を覆っている点で,アフリカを代表する一大語族である。…

【ハム・セム語族】より

…19世紀以後,ハム諸語とセム諸語とが同系であるとの想定の下に与えられた名称。しかし,アラビア半島を中心とするセム語族と北アフリカの〈ハム語族〉(ハム語)とをハム・セム語族の二大語派とする通説は現在では否定されており,誤解を招きやすいこの名称の代案として,紅海語Erythraean,アフロ・アジア語族Afro‐Asiatic(1950年,アメリカの言語学者J.グリーンバーグによる)等の呼称が提唱されている。なお,今日学界に多くの賛同者を見いだしている,グリーンバーグによる名称・分類法に関しては,〈アフリカ〉の項目中の[言語]の記述を参照されたい。…

※「アフロ・アジア語族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アフロ・アジア語族の関連キーワードハム・セム語族アフリカ諸言語ベルベル諸語アムハラ族サハラ砂漠クシ諸語ハウサ族オロモ族ハウサ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android