アブサロム、アブサロム!(読み)アブサロムアブサロム

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブサロム、アブサロム!
あぶさろむあぶさろむ
Absalom,Absalom!

アメリカの作家、フォークナーの長編小説。1936年刊。『旧約聖書』のアブサロムの物語を踏まえて、一介の貧農の息子でありながら、侮辱を与えた大農園主に匹敵する一家をなそうという野望に取りつかれ、一時は成功したかにみえたにもかかわらず、ついにはすべてを失って悲劇的な死を遂げるトマス・サトペンとその一族の物語を、何人かの語り手を通じて浮かび上がらせる壮大な実験的小説。物語は南北戦争時を中心としているが、それを聞きかつ解釈する人は、初期の作品『響きと怒り』に登場したクェンティン・コンプソンとそのハーバード大学の友人シュリーブ・マッキャノンであり、究極的には、黒人問題の矛盾を抱えるアメリカ南部の苦悩を通じて現代の人間の苦悩と運命が暗示され、それに立ち向かう人間の極限的な状況が啓示されることになる。フォークナー中期の文学を集約する傑作である。[大橋健三郎]
『大橋吉之輔訳『アブサロム、アブサロム!』(『フォークナー全集12』1968・冨山房・所収)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アブサロム、アブサロム!の関連情報