コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブサロム、アブサロム! アブサロムアブサロム

2件 の用語解説(アブサロム、アブサロム!の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アブサロム‐アブサロム【アブサロム、アブサロム!】

《原題Absalom, Absalom!フォークナー長編小説。1936年刊。旧約聖書のアブロサムの物語を踏まえた作品。極端な長文など実験的な文体が特徴。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブサロム、アブサロム!
あぶさろむあぶさろむ
Absalom,Absalom!

アメリカの作家、フォークナーの長編小説。1936年刊。『旧約聖書』のアブサロムの物語を踏まえて、一介の貧農の息子でありながら、侮辱を与えた大農園主に匹敵する一家をなそうという野望に取りつかれ、一時は成功したかにみえたにもかかわらず、ついにはすべてを失って悲劇的な死を遂げるトマス・サトペンとその一族の物語を、何人かの語り手を通じて浮かび上がらせる壮大な実験的小説。物語は南北戦争時を中心としているが、それを聞きかつ解釈する人は、初期の作品『響きと怒り』に登場したクェンティン・コンプソンとそのハーバード大学の友人シュリーブ・マッキャノンであり、究極的には、黒人問題の矛盾を抱えるアメリカ南部の苦悩を通じて現代の人間の苦悩と運命が暗示され、それに立ち向かう人間の極限的な状況が啓示されることになる。フォークナー中期の文学を集約する傑作である。[大橋健三郎]
『大橋吉之輔訳『アブサロム、アブサロム!』(『フォークナー全集12』1968・冨山房・所収)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブサロム、アブサロム!の関連キーワード椿姫幼年時代寡婦原題懺悔録アブサロムの塔アブサロムの墓愛死ダニー・ケイの検察官閣下テキサス決死隊

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アブサロム、アブサロム!の関連情報