コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

響きと怒り ひびきといかり The Sound and the Fury

5件 の用語解説(響きと怒りの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

響きと怒り
ひびきといかり
The Sound and the Fury

アメリカの小説家ウィリアムフォークナーの小説。 1929年刊。没落に瀕したコンプソン家の3兄弟の「意識の流れ」を追って語られる,大胆な実験的手法による小説で,南部の退廃を描き出すとともに,罪の意識,時間と実存など文学永遠の課題に取組んだもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひびきといかり【響きと怒り】

《原題The Sound and the Furyフォークナーの小説。1929年刊。米国南部の架空の郡を舞台に、かつては特権階級だった一家の没落を描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

響きと怒り【ひびきといかり】

フォークナーの小説。《The Sound and the Fury》。1929年作。4部からなる。コンプソン家のキャディ,クエンティン母娘を中心に,滅亡する南部の名門を物欲と性をからめて描きつつ,〈意識の流れ〉による実験的手法を通して,米国南部社会,時間と実存の問題,無垢の問題を扱う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひびきといかり【響きと怒り The Sound and the Fury】

アメリカの小説家フォークナーの作品。1929年刊。題名はシェークスピアの《マクベス》からの引用。いっさいの心の迷いを捨て,自己の才能のすべてを賭けて書いたフォークナーの初期作品。故郷であるミシシッピ州北部の地を舞台とする,いわゆる〈ヨクナパトーファ物語〉連作の第2作で,崩壊してゆく南部農園家族コンプソン家の人たちを主人公としているが,3人の兄弟の内的独白に,作者自身の視点からする語りを加えた,きわめて実験的な小説である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

響きと怒り
ひびきといかり
The Sound and the Fury

アメリカの作家フォークナーの長編小説。ヨクナパトーファ物語の一つ。1928年10月に完成、出版社をたらい回しになったあげく翌年10月に出版された。架空の町ヨクナパトーファ郡ジェファソンのコンプソン家3人兄弟の独白からなる第1~3部に、客観的な第4部が加わる。処女を失い、家名のため他の男に嫁がされ、離婚されたあげく、子供から引き離され、家からも受け入れられない一人娘キャディの生き方を軸に、南部の旧家の崩壊が鮮やかに描かれる。そのために用いられた奇抜な構成と方法は、社会に受け入れられない女性、すなわち現実のなかで宙づりになった人間存在そのものを浮かび上がらせている。第一部の語り手ベンジーは白痴だが、彼の混乱した意識の流れをたどることによって、かえって姉キャディのイメージとその死の意味がくっきり浮き彫りにされる。自殺する兄クェンティンの独白は知性の崩壊を、現実的な次兄ジェーソンのそれは現実社会との皮肉な対照を、最終章に登場する黒人老婆ディルシー――狂気の滅びの家の物語のなかで、ただ一人正常で、愛と信仰に生きる――の人間像は、そのあとに持続してゆくべきものを力強く暗示する。
 なお、この作品の表現技法の実験性(意識の流れ、時間的に転倒した四つの章、客観的な多元描写、文字表現のくふうなど)は、構造主義以降の批評家の間で新しく見直されようとしている。[大橋健三郎]
『高橋正雄訳『響きと怒り』(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の響きと怒りの言及

【フォークナー】より

… その第1作《サートリス》(1929)は,フォークナー自身の家族をモデルにしたサートリス家の物語で,南北戦争以来の苦悩を担ったサートリス家の人々,とくに帰還兵士の青年ベーヤードの破壊的な生活とその苦悩を描いた。これはそれほど実験的な作品ではなかったが,次作《響きと怒り》(1929)は,作者がいわば背水の陣をしいてあらゆる才能を賭けた稀有な実験小説で,ここに初めて彼は自己の尽きない創作の鉱脈を掘りあてた。この作品では,コンプソン家を背景に,土着的な主題が内的独白を主軸とする最も新しい方法で描きとられ,個別的な土地と家族の問題が普遍的な視野から鮮やかに浮彫にされている。…

※「響きと怒り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

響きと怒りの関連キーワードウォーカー八月の光フォークナーアブサロム、アブサロム!アメリカの夢アメリカの夜ウィリアム・フォークナーフランソワ・トリュフォーのアメリカの夜日本ウィリアム・フォークナー協会ヨクナパトーファ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone