コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アプシェロン半島 アプシェロンはんとうApsheronskii poluostrov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アプシェロン半島
アプシェロンはんとう
Apsheronskii poluostrov

アゼルバイジャン東端にある半島。カスピ海西岸から東に約 60km突出する。南北の幅は 30km以下。標高 50~165mの波状の平地と小山から形成され,塩湖もみられる。乾燥気候のため半砂漠的な植生で,農業は灌漑によりブドウや豆科の農作物,野菜類を栽培している。古くからの石油産地であり,南岸に首都バクーがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アプシェロン半島
あぷしぇろんはんとう
Апшеронский Полуостров Apsheronskiy Poluostrov

アゼルバイジャン共和国のカスピ海西岸に突出した半島。長さ約60キロメートル、幅30キロメートル大カフカス山脈の東端部にあたる。南岸にはバクー市がある。標高50~165メートルの波状地で、泥火山、鉱泉(おもに硫化水素泉)が多数分布する。第三系の含油層から良質の石油、天然ガスが産出するが、最近では石油の埋蔵量が減少し、5000メートル以上の深さの鑿井(さくせい)、および海底油田に頼っている。バクーと北岸のスムガイトには火力発電所があり、機械、化学、繊維その他の工業が発達し、またトビリシに向かって、石油、ガスの輸送管が敷設されている。乾燥亜熱帯気候で植物は乏しいが、灌漑(かんがい)により野菜、メロン、ブドウ、オリーブなどを栽培する。[保谷睦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone