コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマーティ Amati, Andrea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマーティ
Amati, Andrea

[生]1520頃
[没]1578頃
イタリアのバイオリン製作者。 16~17世紀,クレモナで活躍したバイオリン製作一族アマーティ家の祖。今日のバイオリン原型をつくった人で,知られている最古の作品は 1564年のもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アマーティ

イタリアのクレモナで活躍したバイオリン製作者一族。現在のバイオリン,ビオラチェロの基本的な形態を定めたアンドレア・アマーティ〔1505か10-1577か80〕,その孫で一族中最もすぐれた製作者だったニコラ・アマーティ〔1596ころ-1684〕が特に有名。
→関連項目クレモナチェロバイオリンビオラ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アマーティ【Amati】

イタリアのクレモナで活躍したバイオリン製作者の一族。始祖アンドレアAndrea(1505か10‐77か80)は富裕な貴族出身で,ブレシア派の技術に形状やワニスの改良を加え,ほぼ現在のバイオリン,ビオラ,チェロの形を確立。クレモナ派の創始者とされる。彼の楽器のうち数点は今日でも残存している。2人の息子アントニオAntonio(1540ころ‐1600ころ)とジロラモGirolamo(ヒエロニムス,1561ころ‐1630)も父の後を継いだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマーティ
あまーてぃ
Amati

イタリアのクレモナで活躍したバイオリン製作者の一族。一族の祖アンドレアAndrea(1505/1510―1577/1580)によって今日のバイオリンの型がつくりだされ、その子アントニオ、ジロラモ兄弟を経て、ジロラモの子ニコラ・アマーティNicola Amati(1596―1684)によって、完全に芸術的なバイオリンが生み出された。ニコラは父祖の作品の長所を統一し、小形だが均整のとれた表情豊かな音色をもつ「大アマーティ」として知られる名器を多数製作した。弟子には巨匠A・ストラディバリをはじめ、A・グアルネリなど多数がおり、クレモナ派を形成し、その影響はミラノ、ナポリ、ボローニャ、ベネチアなどに及んだ。アマーティ家はニコラの子ジロラモをもって終わった。[今谷和徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アマーティの関連キーワード5月26日12月3日グァルネリ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android