コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミミドロ アミミドロHydrodictyon reticulatum; water net

3件 の用語解説(アミミドロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミミドロ
Hydrodictyon reticulatum; water net

緑藻類クロロコックムアミミドロ科の1種。しばしば水田など淡水中にみられる。その藻体は,長円筒形の細胞が各端で他の2細胞に接して六角の網目をつくるように並んでいるので,この名がつけられた。各細胞は多核で網状の葉緑体をもつが,やがてその細胞内にそれぞれ小さな網目状の娘体を生じ,古い細胞膜は破れ,各娘体はそのまま伸びて新個体となる。ときに,細胞内容が分れて多数の2鞭毛を有する遊走子となり無性的にふえる。また同型の運動性配偶子を生じ,有性生殖をすることも知られている。接合子の発芽時の第1分裂によって減数しないので,この藻は倍数体であると考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アミミドロ【Hydrodictyon reticulatum (L.) Lagerheim】

水田や浅い池などに生育する網状の美しい緑藻で,アミミドロ科の1種。生殖細胞の形成以外は細胞分裂をしない性質がある。体は五角形または六角形の網目からなり,網目の1辺は1個の円筒形の細胞からできている。網の目は大きいものでは1cm以上になり,体全体は数十cmにもなる。増殖は無性生殖によることが多く,この場合,細胞内につくられた多数の遊走子は体外に泳ぎ出ることはなく,母細胞内で五角形または六角形の間隙(かんげき)をつくるように互いに前端と後端とで接着して並び,そのままの状態で生長して全体は網の袋のようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミミドロ
あみみどろ
[学]Hydrodictyon reticulata Ktz

緑藻植物、アミミドロ科の淡水藻。鮮緑色で、小棍棒(こんぼう)状の単細胞体が四角形ないしは五角形の網目状に並び、これらの網目が縦横につながって、細いあるいは太い筒形糸になる体形をとる。初夏から初冬にかけて湖沼、河川、水田、養魚池などに生育する。生育様相は一見アオミドロに似ているが、肉眼でも網目をなすことが識別でき、両種間の違いがわかる。
 なおアミミドロは、アオミドロほど普遍的ではない。[新崎盛敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone