コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメンボ(水黽) アメンボ water strider

翻訳|water strider

1件 の用語解説(アメンボ(水黽)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アメンボ【アメンボ(水黽) water strider】

半翅目アメンボ科の昆虫(イラスト)。つかまえると焦げたあめのようなにおいを出すので飴坊(あめんぼ)という名がつけられたともいわれる。長い脚をボートの櫂(かい)のように動かして水面を滑走する昆虫はほかに見られない。水にぬれない細毛が全身を覆い,むちのように細長い中・後脚の先端部で水面を広く押さえて,水の表面張力による浮力で体を水面上に支えている。水の表面張力が小さくなればアメンボは水に浮いていられない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アメンボ(水黽)の関連キーワード異翅類同翅類早苗蜻蛉塩辛蜻蛉羽黒蜻蛉昔蜻蛉水黽椿象切蛆大蚊腰明蜻蛉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone