コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメンボ アメンボ Gerridae; water strider

3件 の用語解説(アメンボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメンボ
アメンボ
Gerridae; water strider

半翅目異翅亜目アメンボ科に属する昆虫の総称。体は細長いものと卵形のものとがあり,後者では腹部が非常に短く,胸部が大きい。触角は4節から成り,口吻は頭部前端から出る。中肢ないし後肢は非常に長く,相接してつき,これをX字状に広げて水面を滑走する姿は目につきやすい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アメンボ

カワグモとも。半翅(はんし)目アメンボ科の昆虫の1種。体長15mm内外,黒色。中後肢は長く,先端に毛の束があり,表面張力で体を水面に保ち滑走する。前肢は短く,食物をとるのに用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメンボ
あめんぼ / 水黽・飴坊
water strider

昆虫綱半翅(はんし)目アメンボ科の総称、またはその1種名。一名カワグモ。アメンボ科Gerridaeは、水面で生活する代表的な半水生のカメムシ類で、日本では20種以上、世界で約1000種が知られている。体は多くが細長い棒状で、非常に長い中脚と後脚をもつ。触角は4節。体色は黒色か赤褐色を呈し、じみである。軽い体重と水をはじく体で水の表面張力を利用して、水面上に浮く。中脚の運動で推進し、後脚で方向を定めて水面を滑走する。水面に落下した小昆虫などを捕食する。静水域から流水でも活動するものがあるが、シマアメンボのようにもっぱら渓流のみに生息する種もある。またウミアメンボ類は海水面で生活している。「アメンボ」の名称は、体が飴(あめ)のような臭(にお)いがすることに由来する。
 アメンボGerris paludumは、日本各地、朝鮮、中国、台湾に分布し、体長が11~16ミリメートルで、池沼や河川にもっとも普通にみられる種である。[立川周二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アメンボの関連キーワード半翅類異翅類テングスケバ同翅類水黽椿象アメンボ(水黽)カメムシ(亀虫∥椿象)サシガメ(刺亀)ツチカメムシ(土亀虫)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アメンボの関連情報