アヤ・デ・ラ・トーレ(英語表記)Víctor Raúl Haya de la Torre

世界大百科事典 第2版の解説

アヤ・デ・ラ・トーレ【Víctor Raúl Haya de la Torre】

1895‐1979
ペルーの政治家,アプラ党党首(1924‐79)。ペルー北部トルヒーヨ市の裕福な中産階級の家に生まれるが,糖業プランテーションの帝国主義的独占化によって家は没落。1917年リマに出,サン・マルコス大学に入学,ただちに学生連合の指導者として頭角をあらわした。学生時代マルクス主義に触れ,同時にゴンサレス・プラダの思想と出会う。19年には8時間労働をめぐる労働者ゼネストを支持し,翌年に労働者のためのゴンサレス・プラダ人民大学を創設した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアヤ・デ・ラ・トーレの言及

【APRA】より

…アメリカ人民革命同盟Alianza Popular Revolucionaria Americanaの略。1924年12月,亡命中のペルー人,アヤ・デ・ラ・トーレによってメキシコ市で結成されたラテン・アメリカを包括する民族主義運動組織。帝国主義とその同盟下にある少数寡頭支配に反対する〈肉体労働者と知識人の統一戦線〉として設立され,(1)反ヤンキー帝国主義,(2)ラテン・アメリカの政治統一,(3)土地と産業の国有化,(4)パナマ運河の国際化,(5)全世界の被抑圧民族および階級との連帯,をその五大綱領programa máximoとした。…

【マリアテギ】より

…1919年奨学金を得て渡欧し,4年間の大部分を過ごしたイタリアでは,自由主義の危機とファシズムの台頭,社会主義運動の高揚といったロシア革命直後の大変動を経験する。帰国後,アヤ・デ・ラ・トーレに招かれ,ゴンサレス・プラダ人民大学で〈世界危機〉について講義する。23年,アヤが国外に追放された後はペルー左翼運動の中心的存在となり,レギア独裁政権の弾圧を受けながらも労働者のなかにマルクス主義を浸透させた。…

※「アヤ・デ・ラ・トーレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android