コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヨーディヤー アヨーディヤー Ayodhyā

2件 の用語解説(アヨーディヤーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アヨーディヤー
アヨーディヤー
Ayodhyā

インド北部,ウッタルプラデーシュ州東部,ガーガラ川に面する町。ヒンドゥー教の7聖地の1つで,前6世紀にコーサラ国の初期の首都であった。ブッダ (釈迦 ) が滞在したことがあるというセケタは,アヨーディヤーのこととされており,前3世紀にアショーカ王が建設したとされるストゥーパなど,多くの遺跡が残されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アヨーディヤー

インド北部ウッタル・プラデーシュ州にあるヒンドゥー教聖地。《ラーマーヤナ》の主人公であり,最高神ビシュヌ神の化身の一つラーマ神の生誕地とされる。ヒンドゥー教徒は,かつてここに存在した〈ラーマ生誕地寺院〉をイスラム教徒が破壊し,同地にモスクを建設したとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のアヨーディヤーの言及

【コーサラ】より

…現在のウッタル・プラデーシュ州東部にあった古代インドの王国。後期ベーダ時代に興り,はじめアヨーディヤーAyodhyāを都としていた。叙事詩《ラーマーヤナ》の英雄ラーマは,この都で生まれたという。…

※「アヨーディヤー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アヨーディヤーの関連キーワードウッタルプラデシュウッタラカンドクシナガラ城アルナーチャルプラデシュヒマチャルプラデシュナンダ・コット[山]ワーラーナシーウッタル・プラデーシュ[州]ブンデールカンドマディヤ・プラデーシュ[州]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone