コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アララク アララクAlalakh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アララク
Alalakh

北部シリアアンチオキアアレッポの中間,オロンテス川流域にあった古代都市。現トルコのテルアッチャナ。 1936~49年 C.ウーリーにより調査された。前4千年紀から居住の跡がみられるが,最も繁栄したのは,バビロンハンムラビと同時代のヤリム=リム (在位前 1780頃~50頃) の頃で城壁に囲まれた彼の王宮は,マリのジムリ=リム (在位前 1779頃~61頃) の宮殿に劣らぬりっぱな造りである。その後,ヒッタイトのシュッピルリュウマシュ1世 (在位前 1375頃~35頃) に征服されたが,商業都市として海港アル・ミナをもち繁栄を続け,前 1194年頃「海の民」の侵入により滅亡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アララク【Alalakh】

トルコ共和国南東部の古代都市名。アララフともいう。現在の遺跡名はテル・アッチャナTell Atchana。アレッポと地中海を結ぶ街道に沿い,アンティオキア北東方,オロンテス川にのぞむ。1937‐39,46‐49年にウーリー青銅器時代都市遺跡を発掘し,多数の楔形文字粘土板文書を出土させた。遺構は17層からなり,前3200年ころ居住が開始され,前2100年以後大都市となったことがわかる。前19世紀には大宮殿が出現したが,ハンムラピ時代にはアレッポを首都とするヤムハド王国の一中心地として栄え,ヤリムリムという支配者の宮殿があった(第7層)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone