コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカラデエナレス Alcalá de Henares

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルカラデエナレス
Alcalá de Henares

スペイン中部のマドリード自治州,マドリード県の都市。首都マドリードの東北東 30km,エナレス川沿いに位置する。「アルカラ」とはアラビア語で「城」の意。市街は 1000年にムーア人によって破壊され,1038年同じくムーア人によって再建された。アルフォンソ6世が 1088年に征服し,トレド大司教領とした。化学製品,綿製品,香水,陶器を産し,アーモンドも有名。 1136年建造の聖フスト聖堂や,ヒメネス・デ・シスネロス枢機卿が 1508年に設立した,聖書編纂で著名な大学の旧校舎があり,1998年世界遺産の文化遺産に登録。セルバンテスフェルナンド1世の生地。人口 15万 9355 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルカラデエナレスの関連キーワードフェルディナント1世マドリード大学フェルナンドステファヌスアルフォンソアサーニャフアン1世

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android