コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルギニンリン酸 アルギニンリンさん arginine phosphate

2件 の用語解説(アルギニンリン酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルギニンリン酸
アルギニンリンさん
arginine phosphate

グアニジンリン酸化合物の一つで,いわゆるホスファゲンのうち,クレアチンリン酸と並んで代表的なもの。クレアチンリン酸が脊椎動物に広く分布し,無脊椎動物でも棘皮動物環形動物にはある程度見出されるのに対し,アルギニンリン酸は無脊椎動物に限って見出される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルギニンリン酸
あるぎにんりんさん

アルギニンのグアニジン基にリン酸がエステル結合した化合物。化学式はのようになる。加水分解によりATP(アデノシン三リン酸)と同等のエネルギーを遊離する高エネルギーリン酸化合物の一つである。
 解糖作用などでつくられたATPは、このようなリン酸化合物(フォスファーゲン)として蓄えられ、必要に応じてATPに戻すことができる。
 ATP+アルギニン
  ADP+アルギニンリン酸
筋肉収縮など一度に多くのATPを必要とする場合、ATPが消費され尽くしてもフォスファーゲンからATPを再生して、しばらくはエネルギーの補給が続くようになっている。アルギニンリン酸は多くの無脊椎動物(むせきついどうぶつ)のフォスファーゲンの役割をしている。脊椎動物ではクレアチンリン酸がフォスファーゲンであり、この2群の中間にあたる棘皮動物(きょくひどうぶつ)ではアルギニンリン酸とクレアチンリン酸が共存している。たとえばウニ(棘皮動物)では、成長していくにつれてアルギニンリン酸の量が減り、クレアチンリン酸の量が増えていく。原索動物の場合は、フォスファーゲンとしてアルギニンリン酸を使うものとクレアチンリン酸を使うものが、種によって分かれている。[菊池韶彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルギニンリン酸の関連キーワードグアニル酸ホスファゲンニトロソグアニジンアルギニン燐酸グアニジノ基高エネルギー結合シチジン5'三リン酸シチジン5'二リン酸ホスホトランスフェラーゼリン酸(燐酸)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone