コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルゲランダー アルゲランダーArgelander, Friedrich Wilhelm August

4件 の用語解説(アルゲランダーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルゲランダー
アルゲランダー
Argelander, Friedrich Wilhelm August

[生]1799.3.22. メメル
[没]1875.2.17. ボン
ドイツ天文学者ケーニヒスベルク大学で F.ベッセルに師事。ケーニヒスベルク天文台研究員,フィンランドオーボ天文台台長 (1823) ,ヘルシンキ天文台台長 (32) を経てボン大学天文台初代台長 (37) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アルゲランダー

ドイツの天文学者。1837年初代ボン天文台長。1862年光度9.5等以上,南緯2°以北の恒星約32万4000個を含むボン掃天星表を完成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルゲランダー【Friedrich Wilhelm August Argelander】

1799‐1875
近代恒星表の基礎を確立したドイツの観測天文学者。メーメルに生まれ,ケーニヒスベルク大学に進み,F.W.ベッセルに師事して小惑星の研究から恒星表作製に進み,560個の星の正確な位置を記載した最初の近代的星表を発表した(1835)。1837年ボン天文台初代台長。43年には肉眼で見えるすべての星を記録した《Uranometria Nova》を出版した。引き続いて星表の作製に全力を注ぎ,9.5等より明るい恒星32万4000個を含む《ボン掃天星表》として知られている星表の第1部(赤緯-2゜以北)を完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルゲランダー
あるげらんだー
Friedrich Wilhelm August Argelander
(1799―1875)

ドイツの実地天文学者。1817年ケーニヒスベルク大学に入学、ベッセルの天文学に傾倒し、1820年卒業と同時にその助手となった。1823年スウェーデンのオボ大学天文台の建設に派遣され、1832年ヘルシンキ天文台長。1837年ボン大学教授に就任し天文台建設を指揮、1845年完成と同時に台長となり、終生観測を続けた。1864~1867年ドイツ天文学会会長。ボン天文台では口径7センチメートル、倍率10倍の赤道儀式屈折望遠鏡を使用し、恒星の固有運動系統的に観測、約390個の観測資料により、太陽系の空間運動を実証した。また変光星の眼視測定法および命名法を創出したが、これは今日も国際的に通用している。1859~1862年、北天9.5等星以上の恒星を測定し、1863年に32万4198個の恒星の位置と等級を収録した『ボン掃天星表』および星図を発表した。[島村福太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アルゲランダーの関連キーワードブラウン序曲ヘルダーリンワレンシュタイン紀上太郎常磐津文字太夫(2代)西宮新六科学史からくり人形一竜斎貞山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone