コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルストロメリア アルストロメリア Alstroemeria; lily-of-the-Incas; Peruvian lily

4件 の用語解説(アルストロメリアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルストロメリア
アルストロメリア
Alstroemeria; lily-of-the-Incas; Peruvian lily

アルストロメリア科アルストロメリア (ユリズイセン) 属の総称。南アメリカに約 50種が分布する。花被片は 6枚あり,内側の 3枚 (内花被) に暗色の条斑 (じょうはん) がつくが,育種の結果,花被片に条斑のないものも生まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アルストロメリア

ユリズイセンとも。南アメリカ原産のユリズイセン科の多年生単子葉植物で,約60種がある。原産地の多様な環境に適応して,種によって高さ10cmほどのものから2mになるものまであり,地下茎をのばすものや貯蔵根をつくるものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

アルストロメリア【Alstromeria】

ヒガンバナ科の球根植物。ブラジル原産。切り花・花壇用。六月頃、茎頂に暗赤色で内面に斑点のある筒状花を散形につける。百合水仙。オキハナビ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルストロメリア
あるすとろめりあ
[学]Alstroemeria L.

ヒガンバナ科の球根草。南アメリカ原産。ユリズイセンともいう。鉛筆大の細長い肉質の塊茎を数十本つけるものや、地下茎を出してその先に新球をつける性質のものもあり、種類が多い。秋植えですぐ出葉し、細長くよじれながら出てくる。花茎は早春に伸長、6月に0.7~1メートルとなり、先端に、径2~3センチメートルの筒状の花を10個ほど散形状につける。切り花、花壇用によくつくられる。キバナユリズイセンA. aurantiaca、オレンジキング、リグツハイブリダA. ligtu Hy.などがよくつくられる。近年は種間雑種などによる優秀な園芸品種がヨーロッパから導入され、濃赤、淡桃、黄、白、複色など、色彩も豊富で、優秀な品種がある。これらの園芸品種は夏季休眠せず、四季咲きとなる性質をもつ品種もあり、寒冷地ではよくできるが、暖地ではむずかしい。暖地での栽培種としては一季咲きのリグツハイブリダ、ドクターサルター、あるいは日本でこれらの系統から改良された品種が適する。これらは9月に定植すると地下茎を3~4本伸ばし、その先に新球をつくりながら開花するので、開花後に休眠させ分球して殖(ふ)やすこともできる。定植は日当りと排水のよい所がよい。[魚躬詔一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルストロメリアの関連キーワードストロフルスストロンボリルストエンジェルス・イン・アメリカ「ペレストロイカ」ジエチルスチルベストロールグルクロニドストロナ岩E効果小児ストロフルスユリズイセンアルストロエメリア・ペレグリナ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルストロメリアの関連情報