コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルダブラ諸島 アルダブラしょとうAldabra Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルダブラ諸島
アルダブラしょとう
Aldabra Islands

インド洋西部,セーシェルを構成する環礁の一つ。主島のマーエ島西南西約 1200kmに位置。長さ 33.6km,幅 12.8kmの細長い島で,中央に浅いが大きい礁湖があり,水路に隔てられて4島に分かれる。 1810年からイギリス領で,1965年にアメリカと共同の防衛設備を建設。 1976年のセーシェル独立に際し,デローシュ島ファークワー諸島とともにセーシェル領となった。ガラパゴス諸島のガラパゴスゾウガメと並ぶ世界最大のアルダブラゾウガメの生息地として有名で,その数は 15万匹に及ぶ。絶滅のおそれのあるタイマイアオウミガメの産卵地でもある。 1965年ゾウガメをはじめとして南島に生息する生物の自然保護区が設定された。豊富な種類の海鳥も営巣し,グンカンドリや飛べない鳥ノドジロクイナなどが生息する。 1982年世界遺産の自然遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アルダブラ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【アルダブラ諸島】

Aldabra Islands》セイシェル共和国の群島。首都があるマヘ島から南西約1000キロメートルのインド洋上に浮かぶ。アルダブラ環礁、アサンプション島、コスモレド諸島、アストーブ島が属す。1975年に英国領インド洋植民地となり、1976年のセイシェル独立時に返還された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルダブラ諸島
あるだぶらしょとう
Aldabra Islands

インド洋西部にあるセイシェル共和国の諸島。南緯9度25分、東経46度20分に位置する。1965年チャゴス島、ファーカール島、デスロッチェス島とともにイギリス領インド洋植民地となり、1976年6月のセイシェルの独立とともに、セイシェルに返還された。アサンプション島、アストーブ島、コスモレド島が含まれる。ウミガメの生息地であり、主要産品はコプラ。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アルダブラ諸島の関連キーワードゾウガメ(象亀)象亀

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルダブラ諸島の関連情報