コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルハンブラ宮殿 アルハンブラきゅうでんAlhambra

翻訳|Alhambra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルハンブラ宮殿
アルハンブラきゅうでん
Alhambra

スペイン,グラナダ東方の丘に建つ,スペインにおける最後のイスラム政権ナスル朝の王宮。アルハンブラは「赤い城」を意味するアラビア語が転訛したもの。現存する宮殿の大部分はユースフ1世 (在位 1333~54) とその子ムハンマド5世 (在位 1354~91) の治世に造営された。現在は一連の宮殿となっているが,本来は「天人花 (ミルト) の中庭」を中心とする部分と,「獅子の中庭」を中心とする部分とはそれぞれ別個の独立した宮殿であった。ほかにも宮殿の建物はあったが,完全な形で残っているのはこの2部分のみである。スペインにおけるイスラム王朝文化の最も爛熟したかたちを示しており,諸室の壁面を覆う多彩なスタッコ細工および彩釉タイルによる豊麗な装飾は人工美の極致を示し,また静水面と草花と低木,あるいは大小の水盤と明渠などをモチーフとした中庭 (パセオ) は,庭園と建築との完全な調和を創造するイスラム庭園文化の真髄を示している。 1984年ヘネラリーフェ離宮アルバイシン地区とともに,世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界遺産情報の解説

アルハンブラ宮殿

アルハンブラ宮殿は、イベリア半島ムスリムの勢力圏内にあった時代に建設された壮麗な宮殿です。スペインのグラナダにあり、13世紀のアルアマール王によって建設されてから、歴代の王によって拡張されました。宮殿と呼ばれているものの城塞の性質も備えており、中に住宅、官庁、軍隊、厩舎モスク、学校、浴場墓地、庭園といったさまざまな施設を備えています。ベラの塔を抱くアルカサバや、16世紀のスペイン・ルネッサンスを代表するカルロス5世の宮殿。池と緑、花を配したパルタルの庭園など、多くの見どころがあります。

出典 KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

アルハンブラきゅうでん【アルハンブラ宮殿】

スペイン南部のアンダルシア地方、グラナダ(Granada)市街南東部の丘の上に立つ古城。グラナダは8世紀に入植したムーア人によってつくられ、13~15世紀末までイベリア半島最後のムーア人の王朝(ナスル朝)の都が置かれ、洗練されたイスラム文化が花開いた。その文化の最高傑作とされているのがこの宮殿である。カトリック教徒のレコンキスタにより、グラナダは陥落し、その後、アルハンブラはスペインの城となった。現在のアルハンブラ宮殿は王宮、カルロス5世宮殿、アルカサバ、ヘネラリフェの4つから構成されているが、かつてのイスラムの宮殿の部分も、そのまま残されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

世界大百科事典内のアルハンブラ宮殿の言及

【スペイン美術】より


[スペイン美術の外縁性と境界性]
 諸文化圏の交接点に位置するということは,各文化圏の中心からは最も遠いということで,文化原理が波及するのに時間はかかるが,一方その原理が,発生地で力を失い始めたときに,外縁部ではまったく新しい様式にさえ発展する可能性をもつという利点もある。フェニキアがもたらしたオリエント文化,続いて到来したアルカイク期のギリシア文化に刺激された前4~前2世紀のイベリア彫刻,14世紀にアルハンブラ宮殿のような,西欧世界唯一の人工のオアシスを創造したイスラム美術,16世紀ベネチア派の影響の上に成り立った17世紀スペインの輝かしいバロック絵画など,その好例であろう。こうした外縁文化の特徴は,他文化圏と接している場合はいっそう増幅されるとともに,異種の文化原理と融合し,思わぬ成果を発揮する可能性もある。…

【ナスル朝】より

…イスラム国家という意識が強く,キリスト教徒支配地からのムスリム亡命者を保護し,アラビア語を唯一の公用語とした。国家は集約的農業,手工業,交易により繁栄し,学芸を保護したので,イブン・アルハティーブのような偉大な学者が輩出し,また首都グラナダにアルハンブラ宮殿が建てられた。アラゴンとカスティリャ両国の合併により強化されたキリスト教徒の国土回復戦争により滅ぼされ,最後のナスル家の者はモロッコに逃げた。…

※「アルハンブラ宮殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルハンブラ宮殿の関連キーワードグラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン地区セビージャの大聖堂、アルカサルとインディアス古文書館モーリス・C. エッシャーイスパノ・モレスク様式グラナダ国際音楽舞踏祭グラナダ(スペイン)アルハンブラの思い出セビリアのアルカサルヘネラリーフェ庭園アルハンブラの翼壺スペインシナゴーグカルロス五世宮殿ヘネラリーフェスタラクタイトカルル5世宮殿アベンセラヘスイスラム教建築ナスル朝美術ペルシャ庭園ナスル朝宮殿

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android