コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルヘシラス Algeciras

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルヘシラス
Algeciras

スペイン南部,アンダルシア州,カディス県の港湾都市。小湾をへだててイギリス直轄領のジブラルタルに対する。 1906年にはモロッコをめぐって列強によるアルヘシラス会議が開かれた。皮革,コルク,ワインなどを輸出。タンジールなどモロッコの諸港へのフェリー発着地で,漁船の基地ともなっている。ジブラルタルの眺望や,イベリア半島最南端のタリファへいたる海岸美は有名。人口 10万 1063 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルヘシラス
あるへしらす
Algeciras

スペイン南部、アンダルシア地方の港湾都市。アラブ名はエル・ジェジラEl Djezira。人口10万1468(2001)。同国の南端、アルヘシラス湾を隔ててジブラルタルの対岸に位置する。アメリカやモロッコのタンジールと連絡し、年間50万人の旅客がある。貿易港、漁港。温暖な気候で、鉱泉や海水浴場もあり、保養地としても有名。古来よりローマ人、バンダル人、ゴート人らに支配され、ムーア人には711年にスペインで最初に占領された。教会など古い建物、ムーア人による独特のアーチをもつ水道橋などが残る。1906年にはモロッコ問題に関するアルヘシラス会議が開かれた。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アルヘシラスの関連キーワードカルタヘナ(スペイン)アルフォンソ11世パコ・デ・ルシアタンジール事件国土回復運動モロッコ事件スペイン史フェズ条約ニコルソングレー