コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルマビル Armavir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルマビル
Armavir

ロシア南西部,北カフカス,クラスノダール地方の都市。クラスノダールの東約 160km,大カフカス山脈から流れ出すクバン川クバンアゾフ低地に入る地点に位置する。 1848年建設され,1915年市となった。この地方第2の工業都市で,食品加工 (食肉,缶詰,油脂) ,木材加工などの工業が発達している。鉄道の分岐点で,ロストフナドヌートゥアプセ,アゼルバイジャンの首都バクーの各方面と連絡。教育大学,郷土博物館がある。人口 18万8897(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルマビル
あるまびる
Армавир Armavir

ロシア連邦西部、クラスノダール地方の都市。人口16万6600(1999)。大カフカス山脈北麓(ほくろく)の渓口にあり、クバン川に面する。ロストフ、バクーへの鉄道が通る。食品加工、油脂、石油機械組立て、木材加工、合成皮革、工業用陶器などの工場があるほか、師範学校、工業大学分校、劇場、郷土館がある。[渡辺一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アルマビルの関連キーワードラビンスク渡辺一夫ロストフマイコプ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android