コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクシス Alexis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクシス
Alexis

[生]前375頃.ツリオイ,ルカニア
[没]前275頃
ギリシアの中喜劇の代表的な作家。一部新喜劇に属する。ツリオイの出身ではあるが,アテネを中心に活躍した。メナンドロス (ミリンダ) 王のおじといわれる。ギリシアの倫理学者で伝記作家のプルタルコスによれば,106歳まで生き,舞台の上で死んだとされている。生涯に 245の作品を書き残したといわれるが,断片多数が伝わっているだけで,完全な作品は現存しない。

アレクシス
Alexis, Willibald

[生]1798.6.29. ブレスラウ(現ポーランド,ウロツワフ)
[没]1871.12.16. チューリンゲン,アルンシュタット
ドイツの作家。本名 Georg Wilhelm Häring。イギリスの W.スコットの影響を受けた歴史小説で知られる。フリードリヒ大王の時代を描いた『カバニス』 Cabanis (1832) や『ブレドー氏のズボン』 Die Hosen des Herrn von Bredow (46) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレクシス
あれくしす
Willibald Alexis
(1798―1871)

ドイツの作家。本名ウィルヘルム・ヘーリング。ブレスラウに生まれる。「ドイツでW・スコットの歴史小説形式を彼ほど完全に駆使した者はいない」(ヘッベル)といわれた。プロイセンのスコットといわれるアレクシスは、故郷の歴史を正確な時代考証に基づき、その風物を郷土文学を思わせる写実的筆法で描いた。『カバニス』(1832)、『ブレドウ氏のズボン』(1846)などはいわゆる分析小説への方向を示している。[谷口 泰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アレクシスの関連キーワードシャンソン(フランスのポピュラー・ソング)クリーム(ロック・グループ)アレクシス ヴァイセンベルグ大阪国際フェスティバルアルプスのスキーボーイローリング・ストーンズニコス カザンザキスジョン マクラフリンサン・ジョン・ペルスローマン ゴンサレスアレクシス クラウスアルフォンソ ピクーマジソンのジレンマチャーリー ワッツポール ロジャース自然主義(文芸)ジョン サーマンフィンランド文学サマルティーニデレク ミラー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アレクシスの関連情報