アレンスキー(英語表記)Arenskii, Anton Stepanovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アレンスキー」の解説

アレンスキー
Arenskii, Anton Stepanovich

[生]1861.8.11. ノブゴロド
[没]1906.2.25. フィンランド,テリヨキ
ロシアの作曲家,ピアニスト。 1879~82年,ペテルブルグ音楽院でリムスキー=コルサコフに師事,82年モスクワ音楽院の和声と対位法の教授に任命される。チャイコフスキーの流れをくみ,オペラ『ボルガ河畔の夢』 (1892) で成功を得た。 95年 M.バラキレフの推薦で,ペテルブルグの宮廷合唱隊の指揮者となる。作品はオペラ3,交響曲2,バイオリン協奏曲,カンタータ,教会音楽,室内楽,ピアノ曲,歌曲など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)「アレンスキー」の解説

アレンスキー

ロシアの作曲家、ピアニスト。ノヴゴロドに生まれ、ピアニストの母から音楽の手ほどきを受ける。79年に一家でサンクトペテルブルグへ移り、ペテルブルグ音楽院で作曲をリムスキー=コルサコフ、対位法とフーガを ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

世界大百科事典 第2版「アレンスキー」の解説

アレンスキー【Anton Stepanovich Arenskii】

1861‐1906
ロシアの作曲家。ペテルブルグ音楽院でリムスキー・コルサコフに作曲を学ぶが,チャイコフスキーの影響を受ける。モスクワ音楽院教授を務めた後,ペテルブルグに戻って晩年を過ごした。《組曲第1番》(1890)など,抒情的な小品にみるべきものがあるが,全体としては折衷的作風であり,モスクワ音楽院時代のラフマニノフやスクリャービンの師であったことにより知られている。【庄野 進】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android