コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレンスキー アレンスキー Arenskii, Anton Stepanovich

3件 の用語解説(アレンスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレンスキー
アレンスキー
Arenskii, Anton Stepanovich

[生]1861.8.11. ノブゴロド
[没]1906.2.25. フィンランド,テリヨキ
ロシアの作曲家,ピアニスト。 1879~82年,ペテルブルグ音楽院でリムスキーコルサコフに師事,82年モスクワ音楽院の和声と対位法の教授に任命される。チャイコフスキーの流れをくみ,オペラボルガ河畔の夢』 (1892) で成功を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

アレンスキー

ロシアの作曲家、ピアニスト。ノヴゴロドに生まれ、ピアニストの母から音楽の手ほどきを受ける。79年に一家でサンクトペテルブルグへ移り、ペテルブルグ音楽院で作曲をリムスキー=コルサコフ、対位法とフーガを ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アレンスキー【Anton Stepanovich Arenskii】

1861‐1906
ロシアの作曲家。ペテルブルグ音楽院でリムスキー・コルサコフに作曲を学ぶが,チャイコフスキーの影響を受ける。モスクワ音楽院教授を務めた後,ペテルブルグに戻って晩年を過ごした。《組曲第1番》(1890)など,抒情的な小品にみるべきものがあるが,全体としては折衷的作風であり,モスクワ音楽院時代のラフマニノフスクリャービンの師であったことにより知られている。【庄野 進】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アレンスキーの関連キーワードエルマングレチャニノフペテルブルグルビンシュタインサンクトペテルブルグテレビタワーペテルブルグから来た男バラーキレフザレンプスキリムスキー・コルサコフペテルブルグ音楽院

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アレンスキーの関連情報