コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アロエ Aloe; aloe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アロエ
Aloe; aloe

ロカイ (蘆薈) ともいう。熱帯アフリカ原産のユリ科の多肉植物。多年草または木本で,170種ほど知られている。多肉の剣状の根生葉が集ってつき,その中央から花茎を出すものと,茎があって葉が互生するものとがある。葉の汁液を生薬として用いるほか,観賞用に栽培されるものも多い。日本薬局方による生薬のアロエは,ケープアロエ Aloe ferox (南アフリカ産) ,ソコトラアロエ A.perryi,キュラソーアロエ A.barbadensisを原植物とする。冷水には難溶,熱湯,アルコールに易溶である。アロイン,エモジン,アロエなどのアントラセン誘導体を含み,大腸性刺激性下剤として用いられる。骨盤内充血をきたすので妊婦には禁忌だが,通経薬,堕胎薬として利用されたこともある。少量で苦味強壮に用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アロエ(〈ラテン〉Aloe)

ユリ科アロエ属の多年生の多肉植物の総称。葉は厚く、ぎざぎざがある。アフリカ南部を中心に約300種が分布。葉の汁を乾燥したものを漢方で蘆薈(ろかい)といい、下剤・健胃薬に用いる。園芸上はアロエアルボレッセンスをさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アロエ

ロカイとも。旧世界特にアフリカ南部に多いユリ科の一属で,日本では観賞用,薬用として栽培される多年生の多肉植物。多くは無茎であるが,ときに有茎で高木状となる種もある。
→関連項目下剤

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

食の医学館の解説

アロエ

アロエはアフリカ原産で、日本では観葉植物としておなじみです。アロエの種類は多いですが、そのなかで「ケープアロエ」は健胃、瀉下(しゃか)の医薬品として、「キダチアロエ」「アロエベラ」は健康食品として知られています。
○栄養成分としての働き
 アロエの葉は幅広く肉厚で、ゼリー状の肉質です。葉を切るとネバネバの液がでますが、そこにはアロエウルシンという物質を含んでいます。葉のにがみ成分であるアロインやアロエエモジンには健胃や緩下作用があります。
 また葉には葉緑素やビタミン、サポニン、ムコ多糖類などが含まれ、胃潰瘍、胃炎、便秘(べんぴ)を改善します。
〈外用すれば肌荒れ防止に有効〉
 アロエには抗菌・美白作用があるアロエチンが含まれています。やけどや傷のほか、肌に潤いを与えて美肌つくりにも有効です。
○注意すべきこと
 アロエは体を冷やすので、衰弱しているときや生理中、妊娠中の摂取は避けてください。また有効成分は加熱によって変質します。サプリメントは真空凍結乾燥法が用いられていますが、生の葉を用いる場合は加熱や酸化に注意しましょう。

アロエ

《栄養と働き》


 アロエは昔から「医者いらず」といわれ、民間療法でよく用いられる植物です。アフリカ原産のユリ科の多年草で、200以上の種類があります。わが国で知られているのは、キダチアロエ、アロエベラですが、海外では、アロエといえばアロエベラのことをさします。
 キダチアロエは直立した茎が枝わかれしながらトゲのある葉を伸ばしていき、原産地アフリカでは3~4mに達することもあるといいます。おもに民間薬として使われることが多く、その際は新鮮な葉の汁が用いられます。それを、軽い胃炎(いえん)や便秘(べんぴ)症を改善するのに使ったり、軽いやけどに外用します。
 一方、アロエベラは幅広い肉厚の葉が根元から株わかれして伸びていきます。葉はキダチアロエよりも肉厚で、1枚の葉が70~80cmにもなることがあります。
〈胃腸障害などに効く有効成分を30種類以上含む健康食品〉
○栄養成分としての働き
 アロエベラの主成分の1つは多糖体です。多糖体(たとうたい)は腸内細菌を活発にし、免疫力を強化する働きをもっています。アロエベラに含まれているのは、アロエマンナンといった多糖類で、アロエマンナンは皮膚の老化防止作用、抗腫瘍作用(こうしゅようさよう)などがあります。
 他の薬効成分としては、健胃作用のあるアロエエモジン、殺菌作用のあるアロエチン、緩下(かんげ)作用のあるアロイン、抗腫瘍性のあるアロミチン、アロエウルシンなどがあります。
 また、ビタミンA、B6、C、パントテン酸、葉酸といったビタミン類、カルシウム、カリウム、鉄分などのミネラル類など、微量ですが多種の成分を含んでいます。

《調理のポイント》


 料理としてはサラダ、和えものなどに使われます。その際は、トゲをとって皮をむき、スライスしてさっとゆでて用います。
 疲れぎみのときはアロエのジュースがおすすめです。トゲをとった3cmほどのアロエをすりおろし、水とハチミツを入れます。ミキサーにかけてもいいでしょう。レモン汁やリンゴを加えると苦みが抑えられます。
○注意すべきこと
 皮に含まれる成分には強い緩下作用があるので、飲みすぎ、食べすぎに注意しましょう。妊娠中の方、痔疾(じしつ)の方は避けたほうがいいでしょう。

出典 小学館食の医学館について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アロエ【Aloe】

ユリ科の多肉植物アロエ属の総称だが,一般にはキダチアロエA.arborescens Mill.(一名,医者いらず)をいう(イラスト)。アロエはアラビア語の苦みを意味するallochから由来。それを蘆薈と写字したものがロカイと読まれ,ロカイとも呼ばれるようになった。アロエ属Aloeは約300種知られ,アフリカの南部から東部の乾燥地が分布の中心で,マダガスカル島にも40種ほど分布し,カメルーン,ソコトラ島,アラビアにも少数の種が自生する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アロエ【aloë】

ユリ科アロエ属の多肉植物の総称。アフリカ原産。葉は剣状で、多く縁にとげがあり、互生または根生する。花は橙赤色の筒形で、総状または散形につく。葉を健胃・緩下・傷薬とする。観賞用・薬用に栽培。蘆薈ろかい。医者いらず。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アロエ
あろえ / 蘆薈
[学]Aloe

ユリ科の多年生多肉植物。アフリカ東部、南部に特産し約180種あり、うち数種が世界各地で栽培されている。外形はリュウゼツランの仲間によく似るが、花をつけると明瞭(めいりょう)に区別できる。茎はほとんど伸長しない種類と、低木状に伸長する種類がある。花は総状花序をなして花茎につき、筒状で長さ約2センチメートル、花筒の先端は6裂し、中から6個の雄しべが外に出る。雌しべは1個。葉は長披針(ちょうひしん)形で先端はとがり、葉縁にやや鋭い刺(とげ)のあるものが多く、著しく多肉で、葉柄はなく、茎に互生する。[長沢元夫]

利用

葉を横に切り、断面を下に向けると黄色の液汁を滴下するものが多い。この液汁を集めて天日または火を用いて濃縮して得た黄褐色または赤褐色、黒色の乾燥エキスをアロエと称して薬用に供する。これにはアントロン配糖体であるアロイン、アントラキノンに属するアロエエモジンの配糖体、樹脂などが含まれており、下剤として便秘に用い、また通経剤にも配合される。少量用いると苦味強壮剤となる。
 市場で取引される種類はソコトラアロエ(イエメン沖のソコトラ島産)、キュラソーアロエ(西インド諸島産)、ケープアロエ(アフリカ南部産)、ザンジバルアロエ(アフリカ東部産)、バルバドスアロエ(西インド諸島産)などで、これらの原植物はA. veraA. perryiA. feroxなどである。日本で広く栽培され、民間薬として用いられているのはキダチアロエ(キダチロカイとも称するが、ロカイは蘆薈(ろえ)の誤読から生じたものである)A. arborescens var. natalensisで、葉の液汁を胃腸病、喘息(ぜんそく)に内服したり、切り傷、やけど、ひび、あかぎれに外用する。効果がよいので「医者いらず」の名が生まれた。[長沢元夫]
 花が咲かないものと思われがちだが、それは、冬咲きのため暖地でないと開花しないのと、古株にならないと花をつけない性質による。シンロカイ(真蘆薈)A. barbadensis Mill.はヨーロッパでは古くから利用されていた。エジプト、ギリシア、ローマでは紀元前から栽培していたといわれる。繁殖は実生(みしょう)または挿木による。小形種は鉢栽培される。[高林成年]

文化史

アロエはアラビア語のアロッホAllochに由来する。古くから下剤として利用され、古代ギリシアでは重要な輸入品であったため、アリストテレスはアレクサンドロス大王にその産地(ソコトラ島)の占拠を勧めたという。また紀元前のインドでも、葉汁を乾燥させた黒色の固い塊は商品として取引された。仏典に出てくる「婆奢迦(ばしゃが)」をアロエだとする説がある。また中国では宋(そう)代の『開宝本草』に「奴(ど)薈」「蘆薈」の名があり、さらに明代の『本草綱目(ほんぞうこうもく)』には蘆薈で皮膚病を治したという話を伝えている。しかし性状は正しく記されていても、付図には広葉樹のような姿が描かれており、薬用のアロエの塊は伝わっても植物自体が伝わっていなかったことがわかる。日本への渡来時期は明らかではないが、江戸時代に蘆薈の塊がもたらされている。南アフリカでは古くから先住民のサン人が傷の手当てにアロエを使用していたが、16世紀以降に進出してきたオランダ人がその効用を認めて生産に乗り出し、ケープアロエが世界に広がった。バルバドスアロエ、キュラソーアロエも原産はアフリカである。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアロエの言及

【通経薬】より

…古くは多くの民間薬がこの目的に用いられた。腹部に充血を起こすような下剤や,刺激性の植物精油剤で,たとえばロカイ(ユリ科植物アロエの葉のエキス)やサフラン(アヤメ科植物)などがあったが,これらはしばしば人工流産を起こす目的でも用いられた。現在では,月経困難症について,その原因がいくつか明らかにされており,その原因を取り除くような治療が施される。…

※「アロエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アロエの関連キーワード明治ブルガリアヨーグルトケーキひとくちタイプフロッシュ アロエベラキッチンウォッシュエリエール 除菌できるアルコールタオルMEGMILK盛りだくさんヨーグルト幸せの贅沢フルーツMixヨーグルトフロッシュ アロエベラ 洗濯洗剤ミニッツメイド アロエ&白ぶどう森永 ビヒダスヨーグルト脂肪0幸せの贅沢アロエヨーグルトバスロマン薬用ミルク仕立て森永 アロエのむヨーグルト明治ブルガリアヨーグルトバスロマン スキンケア森永 アロエヨーグルト白バラアロエヨーグルトAloe feroxドマル センシティブアロエヨーグルトの日植物成分配合化粧品ペリカン果実MIX

アロエの関連情報