コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アワヨトウ アワヨトウ Leucania separata

4件 の用語解説(アワヨトウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アワヨトウ
アワヨトウ
Leucania separata

鱗翅目ヤガ科。前翅長 18mm内外。前翅は細く先端はややとがり,灰褐色地に暗色鱗が散在し,また先端から斜めに線状にも並ぶ。後翅は暗灰色。年に数回発生する。日本各地に普通で,アワ,イネ,ムギなどに害を与える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アワヨトウ

鱗翅(りんし)目ヤガ科の1種。地味な灰黄色のガで,開張40mm内外。幼虫はイネ,ムギ,アワなどイネ科植物の葉を食べる害虫。昼間は根ぎわに潜み,夜間活動する。幼虫で越冬。
→関連項目ヤガ(夜蛾)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アワヨトウ【Pseudaletia separata】

鱗翅目ヤガ科の昆虫。イネ科の作物や牧草などの害虫として著名。和名はアワを食べるヨトウムシの意。開張4cm内外。体および前翅は黄灰色ないし黄褐色。オーストラリアニュージーランドから東南アジアインド,中国,日本にわたって広く分布。東アジアでは,春中国南部で発生するものが,数回の発生を繰り返しつつ北上して中国東北部に達し,秋に再び南下する往復移動を行うことが知られている。その流れは海を越えて日本にも達し,絶えず大陸から補給されていると推定され,秋に向かって東北地方でも発生量を増し,造成した牧草地に被害が出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アワヨトウ
あわよとう / 粟夜盗
Oriental armyworm moth
[学]Pseudaletia separata

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤガ科に属するガ。はねの開張は40ミリメートル内外で、前翅は黄褐色を帯びる。全世界に多数の種を含むキヨトウ(黄夜盗)群の1種。ヨーロッパと北アメリカに産する近縁種armyworm moth/P. unipunctaとともに、イネ、アワ、ムギ、トウモロコシなど各種の農作物の著名な害虫として知られている。本種はアジア一帯のほか、オーストラリア、ニュージーランドにわたって分布する。最近ではむしろ造成牧草地などの被害が注目されている。本種については、中国で行われた広範な成虫個体群の移動に関する研究がよく知られ、1~2月に中国南部で羽化したガは北方に向かい、途中各地で繁殖を続けて中国東北部に達し、秋にはふたたび南下し、この間、計5世代を経るという。この調査ではマーキング法による再捕獲実験も行われた。日本でもこの余波を受けて年々大陸からの進入があり、一定の気象条件のもとで着地したとき大発生が生じ、東北地方の牧草地にその被害例が多い。[杉 繁郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アワヨトウの関連キーワードタバコガフタオビコヤガタマナヤガ蝙蝠蛾毒蛾虎蛾夜蛾甘藍夜蛾ナシケンモン(梨剣紋)ヨトウガ(夜盗蛾)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone