アンセム(英語表記)anthem

翻訳|anthem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

16世紀なかば以降イギリス国教会 (聖公会) の礼拝式に用いられる合唱曲聖書あるいは他の宗教的なテキストからとられた英語のテキストに作曲され,ローマ・カトリック教会で用いられるモテトに似た役割をもっていたが,17世紀以降のものはカンタータに似る。合唱だけで歌われるものはフル・アンセム,ソロのパートを有するものはバース・アンセムと呼ばれる。パーセルヘンデル,S.S.ウェスリー,R.ボーン・ウィリアムズらの作品が有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

17世紀以降の英国国教会で,モテットの役割をもつ合唱作品。歌詞は非典礼的な英語のものに限られたが,次第に変化してラテン語のものも含まれるようになり,音楽的にも器楽の役割が増大して,カンタータに近づいたものもある。→キリスト教音楽
→関連項目パーセルバード

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (anthem) 英国国教会(聖公会)の早・晩祷式で歌われる音楽の一つ。歌詞は聖書に由来し、全曲を合唱で通すフル‐アンセムと、独唱・重唱・合唱で歌われるバース‐アンセムの二種がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアンセムの言及

【キリスト教音楽】より

…ただし,他の宗教にも数多くの宗派宗旨があるように,キリスト教にも,カトリックとプロテスタントの二大教会の別があり,それぞれの内部に数多くの教派があって,音楽的伝統も一様ではない。芸術的に見た場合,それらの中でとくに重要なのは,パレストリーナやベートーベンのミサ曲によって代表されるローマ・カトリック教会,バッハのカンタータや受難曲によって代表されるルター派のドイツ福音主義教会,パーセルのアンセムやヘンデルのオラトリオによって代表される英国国教会,ボルトニャンスキーの教会コンチェルトによって代表されるロシア正教会などである。 イエス・キリストの生涯を書き記した新約聖書の福音書には,ただ1ヵ所だけ音楽に言及した個所がある。…

※「アンセム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android