アンソクコウノキ

世界大百科事典 第2版の解説

アンソクコウノキ【benzoin tree】

香料や薬の原料として知られるエゴノキ科の高さ15mに達する常緑の高木。樹皮は茶褐色。葉は互生して柄があり,卵形ないし長楕円形,縁に細かい鋸歯がある。夏に葉のつけ根に,赤みをおびた白い小さな花が集まってつく。果実は球形で,径約1cm,白い毛がある。タイ,マレー,スマトラなど東南アジアに生じ,栽培もされ,S.paralleloneurum Perk.など安息香を産出する二,三の近縁種がある。【山中 二男】
[薬用]
 安息香はアンソクコウノキのほかに,S.paralleloneurum(スマトラ産),S.tonkinensis(タイ産)などの幹に傷をつけて得られる樹脂で,市場品は各種のダマール,コパールなどの安い樹脂と混合されたブレンドベンゾインである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンソクコウノキ
あんそくこうのき / 安息香木
benjamin tree
[学]Styrax benzoin Dryander

エゴノキ科の高木で20~25メートルになる。インドネシアのスマトラ島、ジャワ島、マレーシアのマラッカに産する。樹皮は灰褐色で滑らか、若い枝には褐色の毛がある。葉は長さ11センチメートル、楕円(だえん)形で先がとがり、柄があって互生する。表面は淡緑色でつやがあり、裏面は白毛がある。花は葉腋(ようえき)に房状に集まって開き、鐘形で5深裂し、白色ないし淡紅色、外側は銀白色の毛に覆われ、内面は赤褐色を呈する。果実は球形で径2~2.5センチメートル、淡緑色で白粉をかぶっている。幹に傷をつけ、しみ出る黄色の樹液を集め、固めたものが生薬の安息香(あんそくこう)である。かつては去痰(きょたん)剤として用いられ、和名はこの薬効に由来する。現在は家庭薬の防腐剤や香料、化粧料、また香水の保留剤、脂肪の除臭・防腐剤として香脂の製造に用いられる。教会の薫香料としての需要もある。なお日本薬局方では、本種および、スマトラ、ジャワ、マラッカなどに産するS. sumatranus J. J. Smithや、S. subpaniculatum Jungh et Vrieseから採取したものを、スマトラ安息香と称している。主成分は、安息香酸およびケイ皮酸のエステルで、ほかにワニリン、ベンジルアルデヒドなどを含む。また、タイ、ラオスの高原に野生し、あるいは栽培もされる近縁のS. tonkinensis Craib et HartwichおよびS. benzoides Craibから得られる樹脂を、局方ではシャム安息香とよび、香料に用いる。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android