コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンダマン諸島民 アンダマンしょとうみん

大辞林 第三版の解説

アンダマンしょとうみん【アンダマン諸島民】

アンダマン諸島の住民。黒色の肌をもち、人種的にはネグリトに分類される。伝統的には狩猟採集を生業としたが、西洋との接触後人口が急減した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アンダマン諸島民【アンダマンしょとうみん】

アンダマン諸島に住むネグリト系の人びと。皮膚は暗黒色,巻毛。原始的な採集・狩猟・漁労生活を営む。以前は自ら孤立した生活を営んでいたが,最近は門戸を開き,外部からカヌーや陶器などを学ぶようになった。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンダマンしょとうみん【アンダマン諸島民 Andamanese】

ベンガル湾東部,アンダマン諸島原住民。人口約700(1961)。マレーシアセマン族フィリピンのいくつかの部族などと共に人種的にはネグリトに分類される。ラドクリフ・ブラウンの調査報告《アンダマン島人》(1922)で有名になった。現在,大部分は元来の部族生活をやめて定住しているが,なお南アンダマン島とラトランド島のジャラワ族,小アンダマン島のエンジ族には伝統的な生活様式が残存している。社会的には,数十人からなる共同体がひとつの単位として,一定の地域を占有して,その中で半移動生活を営む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone