コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンティオキア 〈ラテン〉Antiochia

百科事典マイペディアの解説

アンティオキア

セレウコス朝初期の諸王が建設した多数の都市。重要なものはトルコ南部,シリアとの国境に近いオロンテス河畔のもので,セレウコス1世が前300年ころ建設,アンティオコス1世のときセレウコス朝シリア王国の首都となった。ヘレニズム時代には政治・経済・文化の中心地の一つで,初期キリスト教の要地でもあったが6世紀以後衰退。現在はトルコに属し,現名アンタキヤAntakya(12万3871人,1990)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンティオキア【Antiochia】

トルコ南部,ハテー県の県都。人口7万7400(1982)。アンティオキアはラテン語名で,古代ギリシア名はアンティオケイアAntiocheia。トルコ名はアンタキヤAntakya。地中海に注ぐオロンテス(アシ)河口から約30km上流の,シリアとの国境近くに位置する。現在は特産の綿やオリーブ油産業を営む地方の小都市にすぎないが,かつては政治・交易・宗教の中心として繁栄した。創建は前300年,セレウコス1世による。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アンティオキア【Antiochia】

トルコ南部、シリア国境近くの都市アンタキヤの古称。紀元前三世紀にセレウコス朝の首都として繁栄。のちエルサレムと並び原始キリスト教会が成立した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアンティオキアの言及

【シリア】より

…313)後は,各地に教会堂,礼拝堂,修道院が建設された。シリアのキリスト教の中心地はアンティオキアであり,神学研究の学統としてアンティオキア学派が形成された。また,エデッサは最初のキリスト教国家として有名である。…

※「アンティオキア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンティオキアの関連情報