アーチャー(英語表記)Archer, Thomas

  • Archer, William
  • William Archer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1668頃
[没]1743.5.23. ロンドン
イギリス 18世紀の建築家。 J.バンブラ,N.ホークスムアに続くイギリスバロックの代表者の一人で,バーミンガムセント・フィリップ聖堂 (1710~15) ,デットフォードのセント・ポール聖堂 (12~30) ,ウェストミンスター,スミス広場のセント・ジョン聖堂 (14~28) が代表作。
[生]1856.9.23. パース
[没]1924.12.27. ロンドン
イギリスの演劇評論家。リアリズムを基調とする立場から評を執筆。批評活動およびイプセン戯曲の翻訳を通じて,イギリス近代劇の成立に大いに貢献した。主著『仮面か素顔か』 Mask or Faces? (1888) ,『古い演劇と新しい演劇』 The Old Drama and the New (1923) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

英国の小説家,政治家。ロンドン市会議員を経て,1969年下院議員になるが,詐欺事件で辞職,借金返済のために書いたコン・ゲーム(詐欺)小説,《百万ドルをとり返せ!》(1976年)がベストセラーになる。他に暗殺物の《大統領に知らせますか?》(1977年)や,《ケインとアベル》(1979年),《めざせダウニング街10番地》(1984年)などの成功物語もある。1985年には保守党副幹事長に任命されるが,翌年女性スキャンダルで辞職した。
英国の演劇評論家。スコットランド生れ。ジャーナリストとして出発し,ロンドンで劇評を書いた。イプセンを翻訳紹介,G.B.ショーを擁護するなど英国近代劇確立運動を推進した。アイルランド国民演劇運動にも尽力

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1856‐1924
イギリスの演劇評論家。スコットランドに生まれ,ジャーナリストとなった後,1878年ロンドンに移り雑誌に劇評を執筆した。彼は旧来の型にはまったメロドラマを排して,リアリズムに根ざしたまじめな劇を支持し,また,H.アービングを典型とする俳優のに依存した劇に対して脚本優位を占める劇を主張した。つまり,親友のG.B.ショーが実作を通じて行ったイギリス近代劇確立運動を,理論面で支えようとしたのである。彼のもっとも重要な仕事は1908年に完成したイプセン劇の英訳で,イギリスでは長く標準的上演台本となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アーチャーの関連情報