コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーベル賞 アーベルしょうAbel Prize

3件 の用語解説(アーベル賞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーベル賞
アーベルしょう
Abel Prize

数学研究の業績を表彰する賞。年に 1回授与される。2002年,19世紀ノルウェーの優れた数学者ニールス・ヘンリック・アーベルの記念基金が創設され,ノルウェー教育研究省が運営にあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

アーベル賞

アーベル賞はノルウェー科学アカデミーが「数学のノーベル賞」を目指して設立した賞。2007年第5回アーベル賞受賞者はヴァラダーン(S.R.Varadhan)で、受賞業績は確率論、とくに大偏差の統一理論への功績。ガウス賞ドイツ数学者連合と国際数学連合が共同で創設した賞。工学やビジネスなどにインパクトを与えた数学研究が対象。06年第1回受賞者は伊藤清・京大名誉教授で、確率微分方程式の創始が受賞理由。金融工学に応用された。アーベルは19世紀ノルウェーの、ガウスは18〜19世紀ドイツの数学者名。数学界最高の賞とされるのはフィールズ賞(授賞対象は40歳以下)で、4年に1回開催する国際数学者会議で授与される。

(桂利行 東京大学大学院教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アーベル‐しょう〔‐シヤウ〕【アーベル賞】

年に1回、優れた数学者に贈られる賞。名称は数学者アーベルにちなみ、ノルウェー科学人文アカデミーが2003年から授与している。数学のノーベル賞ともいわれる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アーベル賞の関連情報