コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーユルベーダ アーユルベーダ 〈梵〉āyurveda

3件 の用語解説(アーユルベーダの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アーユルベーダ(〈梵〉āyurveda)

《生命の知識の意》インドの伝承医学。生理機能のバランスを整え、自然治癒力を高めることに主眼を置く。エステティックサロンなどでも取り入れられている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アーユルベーダ【Ayurveda】

〔生命の科学の意〕
インドの伝統医学。オイル-マッサージなどにより、人間の生理機能のバランスを整え、病気の治療・予防および健康増進を図る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アーユルベーダ
あーゆるべーだ
yur-veda

インドの伝承医学。アーユルは長寿、ベーダは知識という意味で、生命(健康)の科学である。発祥はおよそ3000年前で、四つのベーダのうちもっとも新しい『アタルバ・ベーダAtharva-vedaのなかには数多くの医薬が登場する。その後、サーンキヤSmkyaをはじめとする哲学の影響を受け、呪術(じゅじゅつ)医学から脱却し、紀元前500年ごろに合理経験医学として完成された。『アーユルベーダ』では三つのドーシャDos、すなわちバーユVyu(風)、ピッタPitta(熱)、カパKapha(冷)の均衡が保たれているときは健康であるとし、生薬などによって均衡を図るのが治療の原則で、医師は食事指導を第一とする。現在インドでは100を超す5年制の大学でこれの教育と研究が行われており、卒業と同時にバイディヤVaidyaの称号が与えられ、西洋医とともにインド医療の担い手となっている。[幡井 勉]
『大地原誠玄訳稿『スシュルタ本集』(1971・臨川書店) ▽クトムビア著、幡井勉・坂本守正訳『古代インド医学』(1980・出版科学総合研究所) ▽J・F・ダスター著、伊藤和洋訳編『インドの自然療法――アユルベーダ医学の実際』(1982・本郷企画)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーユルベーダの関連キーワードブランド知識グノーシス伝統医学命の限り知的生命(財)生命保険文化センター印東玄得杉靖三郎丸山博狩猟伝承

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アーユルベーダの関連情報