コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーユルベーダ 〈梵〉āyurveda

大辞林 第三版の解説

アーユルベーダ【Ayurveda】

〔生命の科学の意〕
インドの伝統医学。オイル-マッサージなどにより、人間の生理機能のバランスを整え、病気の治療・予防および健康増進を図る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アーユルベーダ
あーゆるべーだ
yur-veda

インドの伝承医学。アーユルは長寿、ベーダは知識という意味で、生命(健康)の科学である。発祥はおよそ3000年前で、四つのベーダのうちもっとも新しい『アタルバ・ベーダ』Atharva-vedaのなかには数多くの医薬が登場する。その後、サーンキヤSmkyaをはじめとする哲学の影響を受け、呪術(じゅじゅつ)医学から脱却し、紀元前500年ごろに合理経験医学として完成された。『アーユルベーダ』では三つのドーシャDos、すなわちバーユVyu(風)、ピッタPitta(熱)、カパKapha(冷)の均衡が保たれているときは健康であるとし、生薬などによって均衡を図るのが治療の原則で、医師は食事指導を第一とする。現在インドでは100を超す5年制の大学でこれの教育と研究が行われており、卒業と同時にバイディヤVaidyaの称号が与えられ、西洋医とともにインド医療の担い手となっている。[幡井 勉]
『大地原誠玄訳稿『スシュルタ本集』(1971・臨川書店) ▽クトムビア著、幡井勉・坂本守正訳『古代インド医学』(1980・出版科学総合研究所) ▽J・F・ダスター著、伊藤和洋訳編『インドの自然療法――アユルベーダ医学の実際』(1982・本郷企画)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アーユルベーダの関連キーワードアユルベーダスシュルタインド医学インド科学マッサージケララ州健康増進民間療法伝統医学漢方医学オイル病気予防治療

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アーユルベーダの関連情報